2017年11月14日 (火)

色鉛筆の使い方もいろいろあってだな

巷では大人の塗り絵が流行っていて、今空前の色鉛筆ブームで高級色鉛筆が売れていますね。

高級なのと安いのとどっちがいいのかの違いじゃないんですよ
使う紙がツルツルしてるか粗目の水彩紙か、何を描く何に使うが一番重要。

私が一番よく使うのは子供のころからずーっと三菱色鉛筆の880級というヤツ。
これ、「悪いところが無い」ですから。
・値段は安い、たいていの文房具店やホームセンターなんかでも買える。
安価だから心置きなくどんどん使える。

学童用でも問題なくかける
Photo

↑上質紙

高級色エンピツと比べても負けてない。
・色鉛筆のカランダッシュスプラカラーソフトよりも下記心地滑らかで発色が良い。
・ホルベインアーチストは粗い目の紙はおろしがねでチーズをおろすみたいに減っていくだけで細かい線なんて描けないけど、三菱880は全然大丈夫。

ホルベインアーチストはとてもソフトだから、コピー用紙に書いても、紙の目が出てしまう。
Up
粗目の水彩紙、細かい線や柄に、ホルベインは使えない。
粗目の水彩紙は柔らかい羽などをかくにはむくんだけど、ヴァイオリンみたいなつやつやしたのはむかないなあ・・・
Photo_2

水彩紙じゃなく、上質紙に絵を描く。途中だけど。
クリスマスも近いし(早いか?)・・・クリスマスらしい絵が描きたい。
Photo_3
私は切抜きをたくさん集めてるからコラージュも出来る、でもそのままじゃすごい色の洪水でひとつにまとまらない。作品にはならない。
たくさんのモチーフ、ごちゃごちゃしてても色をシックにまとめるのは
先にエンピツで濃淡をつける。エンピツ画ってこと
Photo_4
白黒写真に色をつけるみたいになるので、何処と無くシュールな雰囲気がある。
Photo_5

Photo_6

Photo_7
さりげなく「LOVE]って
天使だから。
Photo_8
全部しっかり塗るより、程よく未完成なのが面白い見ごたえになりそう。

さて、この絵はホルベインじゃないと色が乗らなかった。
エンピツで書いて、定着剤を拭きかけてつやつやのところに、普通の色鉛筆は上手く発色できない、のりが悪いっ!。
でもホルベインはつやつやのりの悪いところにも上手く色が乗ります。

つやつやのものにはホルベイン、ぼさぼさのものには三菱880、こう使い分ける。

私の作品はふんわりさせるのが特徴なんだけど、それは「消しゴム」で消すことで表現されてる・・・

Photo_9
巻き毛や帽子にね↑

つい昨日、消せる色鉛筆「三菱ユニ・アーテレーズカラー」を買いました。
コレなら下書きや線画に消すことが出来るから使いやすくなって便利だ~~
お値段は三菱880よりも倍くらい高いです。
いいところは880の36色セットには金銀が入ってて
アーテレーズカラー36色セットには入ってないこと。
色鉛筆の金銀は要らないよなあ・・・

色鉛筆はたくさんのメーカー種類があって何がいいのか迷うところだけど、
100色以上なんて使いこなせないしでかくて邪魔。
36色が少なすぎず多くなく、しまうのも簡単でいいと思います。

油性色鉛筆の芯をカッターで削って粉にしたモノを水彩紙に、綿棒で色を広げる・・・のはよくやるんだけど、それ に水を加えると、絵の具のようにしっかりと色が乗るんだよ。・・・油性なのに?何でだろう・・・このことはもしかして知られてないのかな?
こんなにくっきりときれいになる↓(木の色)
Photo_10

削りカスも使いよう
A
色味がほしい時に。

くるくると・・・
Photo_11

ざくざくと
Photo_12

油性白色鉛筆は水彩絵の具の上で見事に生きる
Photo_3

漫画のキャラを自己流に

Photo_4

ファンシーに

Photo_5

イラストはいろいろな絵柄で描く

Photo_6
市場のイラスト、仕事で描いたやつ。

Photo_7

コピックとの相性もいい

Photo
風景に

Photo_2

色鉛筆は気軽で使い方もいろいろ。

ちなみに
私は出来合いの塗り絵は嫌いです。
配色だけじゃなくテーマ、レイアウトやモチーフも\、見せ方を考えるのが楽しいのよ。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

年賀状の犬をデザイン

毎年、手書きの年賀状の図案を考える。
今回の犬は今までよりもすんなりとできています。

母が私の図案で作るので、絵心の無い人でも作業が簡単なものにする必要がある。

前回(2006年)の年賀状の犬がかわいいからまプードルがいい・・・といわれた。
待て、私はプードルは年賀状に描いたことない・・・ロングヘアチワワだよ・・・???
Photo
梅の花模様は、野菜のオクラをカットしてスタンプにしたの。
プードルには見えないのに・・・・

さあ、今回の年賀状は
犬は種類が多いけど、ダルメシアンに決めた。
地にざっくりと色をおいて、白いシルエットにボチボチ模様を描けばいい、簡単。
ただ、犬の白いシルエットは地の色の上に白いガッシュで上書きがいいか、紙に型を置いて、上に色を置く白抜きがいいか・・・
Photo_2
Photo_3
白い絵の具を使わないで出来るだけシンプルなのがいいな
ピンク色、いいな。筆で何度も厚みはつけないで、ざっくり、ストロークをシンプルにしたほうがいいね。
あんまりビビッドな色じゃなく、モードな色でシャビーな印象で・・・
犬の柄はボールペンでグラフィティ調

Photo_4

今年のニワトリ年賀状、いくつかデザインした中で一番簡単なのが人気だったみたい
Photo_5
この、ニワトリの白いボディに文字を書く・・・
犬もそうやって、と言われたが犬はこんなにデブじゃないなあ~~
犬のボディにかけるように・・・↓コレはどうかな?
Photo_6
ボチボチ模様は色鉛筆で。文字をボディに書くから、黒の柄じゃないほうがいいでしょう。
今まで出一番年賀状らしくない、犬のポストカードって感じ。オシャレ?
一歩間違うと子供が書いたみたいなほのぼのした雰囲気って言うのが年賀状的には疲れなくていいなあ。。。
4枚セットで欲しい人がいるのであと二種類デザインする。

私がハスキーがいいなというと母はハスキーはかわいくないという。・・・ふふふ、私が描いたの見ればその言葉は撤回されるよ。サルの時もヒツジの時もそうだったの。
サルなんて怖い顔しててかわいくないって、でも絵に描くとかわいいんだよ。
Photo_7

マスキングテープを貼ったり、ラメをつけたり、いろいろ工夫して楽しい年賀状作ろう。

裏も表も印刷じゃない一枚一枚直筆なのでもらった人は喜んでくれるでしょう。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

子猫の名前は私が付けた♪

中学以来ずっとあってなかった友達、中学の時、そのこのうちに生まれた4匹の猫の名づけを私がして、その名前が素敵だったと聞かされた。

もうすごく前だし覚えてない・・・

写真を見せてもらった。どの子猫がなんて名前だかもわからないんだけど、
一枚だけしかもう残されてないから、私が絵に描いてみる。

4

友達に見せて名前を当ててもらう。

かぼちゃの上 ポロン
帽子      スバル
マント     ピリカ
寝てるのが  クレス

ポロンはアポロン、 クレスはヘラクレス、
ピリカは「美しい」という意味
スバルはたくさん集まった星の・・・

キレイな名前
中学生の私のセンスいいなあ~~w

4_2

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

最近作ったブレスレット

一番のお気に入り。
何度も何度もリメイクして進化を続けている一本
2
ハートはアンバー
長い青っぽいのは中学生の時に友達からもらったよく分からない石。
金針の入った10ミリ玉はタイチンルチル
Photo_2
ガーネット(アルマンディン)6石
ピンクの小さいのはルビー3石
オレンジはヘソナイト(オレンジガーネット)3石
タイチンの隣のおこげみたいなのはシトリンファントム、クラックで虹が見えてきれい。3

さざれはラピスラズリの青みがうすくなってるやつ
オーバルの薄黄色はシトリン(黄水晶)
その隣のうすいつやのあるグリーンがかった石は翡翠
オレンジと白のひょうきんな縞々はサードニクス
一番大きな丸玉12ミリはレッドタイガーアイ
Photo
いろいろな石
にぎやかなクレーの絵画みたいな楽しい色彩にしたかったから。
Photo_11
クリエイティビリティを刺激する。
Photo_12

これも↓ポイントはアンバー。個性的ブレスになりました。
昨日作ったばかり。
Photo_3
さざれを多く使って。
青はラピスラズリ。
琥珀とよく合う。
Photo_4
白っぽいさざれはブルームーンストーン(ホワイトラブラドライト)
ピンクの小粒は染めたタイガーアイ
大きな丸いアンバーの隣はアクアマリン
ミルキーアンバーとかバタースカッチとかいう不透明の白みがかったのが好きなんだけど、高級。
Photo_6
もともとがネックレスだったのをばらして少し分けてもらったの。
Photo_7
透き通る琥珀色。

夏は涼しい色合いのを作ってはめていました
Photo_8
透明っぽい丸玉はアクアマリンとプラチナルチル
翡翠が2石
オレンジの葉巻型はカーネリアン
バルチックアンバーのさざれ
オーバルの薄き色はシトリン
商売繁盛の石・・・でもすごい控えめでおとなしい・・・


ラピスラズリは願いをかなえる石として人気もありますが、とっぴな青い色の石(ラピスラズリ、ターコイズ、アマゾナイト)は怖くて苦手・・・色が怖い。
ソーダライト、カイヤナイト、サファイアのような深みのある落ち着いたブルーは好きなんだけど・・・。
青い石には「別れさせる」効果を持つ。何か断ち切りたいときにはいい。
チャールズ皇太子がダイアナに送ったのがサファイア・・・・二人は別れてしまった。

いかにもなパワーストーン的配列なのも作る
Photo_10
黄色は16ミリのイエローフローライト
12ミリの茶色はレッドタイガーアイ
14ミリまだらの青緑は翡翠、地球みたい。
10ミリの赤いのはルビー・・・これは大きいのと入れ替えた。
ルビーは小さく大人しめにしたほうが他の個性的な石とぶつかり合わなくてバランスがよくなったみたいに感じる。
小粒のワインレッドはロードライトガーネット
透明なのはプラチナルチルクォーツ
臨時収入が入る。
プラチナルチルをはじめて腕にはめて外を歩いた時に100円拾った・・


よくある石の組合せ、よくありがちなデザインも作った。
安定のガーネット。誕生石。
14ミリのルビー女王の風格をココで生かせたらいいな
9ミリのホワイトラブラドライト

Photo_9
このブレスレットはとても女性性を強めるんじゃないかな。。。
今一番惹かれる石がルビー。
宝石のルビーを持ちたいものです。。。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

使わないものをリメイクする

キレイなものや思い出があったりするものって、捨てずに取って置いてる。
しまいっぱなしで邪魔だし何とかしたい
・・・・と思ってるからなんとかしてみたのよ。

まずは日常でアレがあれば便利だなあ、アレがほしいなあ・・・なんて結構物欲がある。
でも、買ったりしてお金使いたくないし物が増えるのはイヤだし、で、考えていると・・・!ああ、その手があった!って気が付く。

欲しかったのはピンクッション。
今まで使ってたのが間に合わせ的な気にいってはいないものだから。
ピンクッションなんて買わずともあるもので作れそう。
綿はあるから、外側の布は・・・ハンカチじゃ薄いし、Tシャツじゃ色味が面白くないし・・・
で、色柄の理想的なのが合った!
Photo
フィットしなくて履き心地の悪い靴下。はかないでしまったまま。
これで作ろう!
大きいのは針がもぐっちゃうから小さいの・・・4cmくらい・・・?ど辺を切ろうかな?あ・・!

ここでアイディアが沸いた・・・

できました
Photo_2
靴下の形。靴下なんだから二つ、かわいいのができた!

靴下生まれだからね。

そして何十年も取って置いた・・・

バブルのころのスーツのジャケット。
配色がすごい
U
もう着ないよ~~。かといって捨てられない~~
W
だってこの袖の色柄と金のボタンが好きなんだもん。

で、小さいポーチが欲しいところだったんで・・・
Photo_3
ポーチにリメイク
Photo_4
私はファスナー付けできないので、お友達につけてもらいました。
ファスナーは100円。

これで活躍できるお気に入りになりました。
素敵なものは寝かせたままでいたら勿体無いから活躍させてやるんだ。

(不要品を夏中オークションに出していて、その梱包に、不要だったカバー類や色画用紙を使っていてかなり役に立ってる。
昔の未使用ハンカチで包んで品物が届いた方からはものすごい激励のコメントが付いた・・・まあ品物よりそのハンカチがレア品。、今は無いバブル期のDCブランドの有名な奴だったこともある、その人はラッキー。捨てにくいものが人にわたって喜ばれて、出品してよかったわ~)

好きなモノを無駄にしなくて済む。新しく買わなくても済む。
お金もかからないし、リメイクは工夫することが楽しい。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

トネガワ・黒服たちを描いてみる

断捨離中だから本や漫画をどんどん減らしている只中に、面白い漫画が読みたくなるんだけど!?
アニメで見た「カイジ」面白いけど、アレを購入するなんて断シャリアンから見ては愚行、元の木阿弥、圧倒的退廃、片付かない・・・

しかし気付く、天啓・・・・勝ちへの方程式・・・!(福本流しつこい)

スピンオフ作品の「中間管理録トネガワ」なら何十冊もないし、高レビューなので購入。
面白い~~

黒服さんたちはほとんど影のような個性を殺した存在みたいな扱いだけど、この漫画ではみんな準主役級。

自分流に写実、実際にいそうな人な感じに描いてみた
Photo
左遷や解雇されたりした人たちも含めて黒服14名全員(今のところ)
漫画読んだ人ならどれが誰だかわかるかな?
Photo_2
利根川先生~書いている最中「あの人に似てる!輪郭が似てる」と思ったのが松方弘樹さん。若いころはヤクザの役もやったし、そういう雰囲気はいいかも。
海老谷、ことごとくずれている。解雇されていても帝愛のサングラスははずさないんだね。

Photo_3
「制裁!」まさやんは社員じゃないんだけど・・・一番その字のごとく社畜になってしまった・・・給料とかもらえてるのかな・・??
山崎と川崎雰囲気的にそっくりだけど、書き分けると違いがはっきりする。
権田さんは若い黒服の倍以上も歳が離れてるんだな。

Photo_4
帝愛の新しいエンブレム・・・
Photo_6
うっかり発言やちょっと失敗が多くても憎めない中田。

Photo_5
希少な女性黒服、冴子。
この人だけが「目」を描かれていない。
22歳と若いのに常にサングラスで目を見せないなんて、そんな企業、しかも漆黒の超絶ブラック会社に入社するなんて・・ブスなのかも????
唇をキュートに女性的にかいてみた。。。

Photo_7
23歳で一番優秀な佐衛門、恋に落ちる。
蛇にそそのかされたイヴがアダムに禁断の実を差し出し、食べた二人はエデンを追放されるのが旧約聖書。
帝愛グループの場合は・・・
福本作品で恋愛ものになることは今まで見たことない(あったらボーイズラブだしな)から、どうなっていくんでしょう。イチゴみたいに甘酸っぱいんじゃなく、三角関係になるとか攻めていってほしいな~~。

Photo_8
兵藤会長 カイジでは怪物、圧倒的強運の持ち主。
劣らず強運持ってる太鼓持ち八乙女異例の出世。

Photo_9
萩尾?荻野?名前がまだわかってない・・・
ザンビア生まれでお笑い芸人から帝愛グループに入って結婚式あげた・・・ってすごい経歴のほう。
債権者をくずと呼び、会長の楽しみだけのためのゲームで人が死んだりもするそんなブラックな会社に派遣社員がいるなんてどびっくり。津久井、
やばいんじゃないの・・・・

Photo_10
T京ラグビー部元主将堂下
持っているのはカツ丼。
利根川さんは歳の割りによくカツ丼食べられるな・・・私とんかつは一切れでもういらないってなる・・・その割にはいきなりステーキに行くけど・・・

下の菊地、佐衛門に「ドライ 冷たすぎる まるでお前は機械 ドライな佐衛門 ドラえもん」「助けて~~ドラえもん~~」 絡みづらいけど駄洒落上手いな。

Photo_11
左遷されちゃった・・・
猫カフェ・・・猫好きなんだな荻野だか萩尾だか・・・
長田・・・エピソードって何かあったっけ・・・???

今5巻まで出てる。
6巻が出るのは12月くらいかな??楽しみ。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

ルパン三世50周年で描いてみる

Youtubeでサンバ・テンペラードのライブ映像を見る。

しびれる~~♪かっこいい!

ルパンの曲っていいね。

モンキーパンチの漫画は読んだことが無いのだけれど
絵は生き生きしていて動きがある。

アニメで一番初めの♯18の「美人コンテストをマークせよ」が好きだなあ。世界の名画を帆にしてしまう大胆さ。

映画ではカリオストロの城がやっぱり一番名作だと思うのでこのイメージで描く・・
ただ、宮崎風のかかれるドレス、女性の服は腰を抜かすほどダサいって言われるんだけど、ほんと・・・中学生が家庭科の授業で安い布ではじめて作ったみたいな・・・・お姫様なのに・・・
のっぺりしててそこが不満。

まあ、自分の好きに描いちゃえばいいんだ。 

Photo_2
宮崎風じゃなく、原作のモンキーパンチっぽく・・・ぼい?

Photo_3
ああ、カラーで描かないのって久しぶりだ~~何年ぶりかの線画。

Photo_4

次回も、おっさんをUPします。
ずっと絵本のかわいい女の子を描いていた反動で。
おっさんをいっぱい描くのは楽しい。

(築地の魚市場の働くおっさんの写真集が渋くて素敵なの!欲しい!!)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

パッチワーク②図面

布団カバーの手作り。
何を一番先にするかといったらイラストと同じで完成予想図をまず仕上げる。
Photo
Photo_2
とりあえず出来そうなところ、パズルのような図面を起こす。
布は100センチ四方だからそこから有効にピースを取る。
カバーは裏も表も同じデザインになる。ココがポイント。
シビラでも何でも多くの既製品の布団カバーは裏側が気に入らなかったの。

縫いしろのことはあまり考えない。多少の大きさの差が出ても、臨機応変に対処していけばいい。
手縫いだから加減できる。

私は布を買うのもはじめて。
ましてファスナーなんてまだ買ってもいない。裁縫初心者。
ファスナーのつけ方なんてネットの動画で見ただけだけど、適当にぬっときゃいいや。
必要になってから買えばいいからまだまだ先だな。縫うのは時間がかかりそう。

自分で工夫しておりがみのタチコマを作るのに比べたらファスナーなんて難しく感じない。
だけど、実用的なものって紙ではあまり作れないんだよね・・・折り紙なんてあんまり生活に役に立たない。。。
生活に役立つ実用的なモノを作るのっていい~~。
籠とか革製品とか・・・そういうの作るのって憧れるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

パッチワーク

PhotoPhoto_2
Photo_3Photo_4
Photo_6Photo_7
Photo_9Photo_10
プリント柄ってマスキングテープと同じだね。
Photo_11
Photo_13
Photo_12
8種類のプリント生地で布団カバー作ってみたい。それでピックアップしてみたのが上の柄。

今の布団カバーが飽きちゃった。
既製品探してみても気に入らないとなったら自作でしょう。
巾着袋しか作ったこと無いけど、手縫いでがんばってみる!

自分の思い通りの自分が気に入るものは自分でしか作り出せないんだよな。。。

この秋はお裁縫にチャレンジ!(ココで宣言して途中で飽きてしまわないようにする)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

8月31日のサプライズ

8月31日はお友達のお誕生日。
毎年三つ子のイラストを描いていたけど今年は・・・

はがきを当日につくようにしてサプライズだ!
・・・という目論見が、郵便料金改革の差し金により計画はおじゃん・・・
てか値上がっていたとは、定型郵便と年賀はがきしか出してなかったから気が付かなかった~~Σ(≧ω≦;)

Yure
はがき絵

サプラ~~イズ♪
三つ子の誕生日会はプレゼント交換
一人は確実に本。そのほかの二人は何だろう・・???



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

「雪ばらと紅ばら」描きました

Photo

Photo_2

Photo_3

こんなふうに、見開きを1枚に描く。
文字が入る・・・文字のほうが優先になる絵本なので、絵は中心だけくっきりさせるかんじ。
輪郭線はじめなかったんだけど、メリハリ出したほうがよく見えるので後から書き加えました。

P10_2
Photo_5

S

Photo_6

29日に配送すれば納期に間に合う☆

物語を何にするか白紙からのスタートでしたが、全体が自分のやりたい放題に出来ました。
物語は、グリムのお話だと余計な部分はすっぱりなくし、あいまいでわかりにくいところなどは詳しく、わかりやすい話に作ってあります。

さて一段落つきました。

絵本になるとどんな風に見えるでしょうか。

てか
この出版社さん、日本画を描く方にまで絵本作成をお願いしてるからそっちを見て見たいわ!!古事記をテーマにしてるっていうから興味アルアル!

さあ、8月中にやらないといけないことがある!
のんびりなんてしていられません。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

絵本作成ラストスパート修羅しゅしゅしゅ!

今月は断捨離、オークション出品、梱包の箱や袋でと部屋がごちゃごちゃでカオス。
捨てるものの、色画用紙やダンボール、マルチカバーやタオルなどが梱包に使えるから無駄が無くて一石二鳥だった。
そのうちみんな無くなってスッキリするんだ。

8月ももうすぐ終わってしまう。
夏休みの宿題なら9月に提出すればいい、が、契約書読んでみたら納品が8月31日だった!
あらら~発送にかかる時間なんかも考えたらまったく今やばいんですけど・・・(^_^;)
一枚がまだ未完成。
でもできる。
なぜなら今までいつも何度でも修羅場をくぐってきたベテランだから!
(関係ないけど、オカルト系?私は「阿修羅」の生まれ変わりだって「見える人」に言われたことがある・・・でも別の見える人には宇宙外生命体だったといわれたし、証拠が無いことは同とでも法螺ふけるものだな。阿修羅なら修羅道の達人(人なのか?)にちがいない。)

「雪ばらと紅ばら」イラスト絵本作成中・・・本になるのは何ヶ月も先になる。
まだ直す部分があるけど、ドレス素敵。
Photo
巨大な宝石がなんともうらやましい・・・ゴージャス姉妹。
ドレス描くのが3歳のころから好きだったから、自由に描けて嬉しい。
ポロポロこぼれる小さな薔薇の白いドレスはエメラルドとダイヤのブローチ。
薔薇モチーフの黒い刺繍が大胆な赤いドレスは、心臓より大きなハートのルビーのペンダント。
Photo_2
ラストシーンのイラストです。見開きで、左右のページにドレスが広がります。
このグリムのお話は暗い部分の無い珍しいほうのお話です。

このお話は、小人のひげをはさみで切る場面が好きです。
S
私は遠くにお城が見えるように描きました。絵は文字になっていないいろんなことを伝えます。
二人の性格などについても文字にはかかれていない、でも、どんな性格の子なのか、書き分けています。
紅ばらは表情が豊かです。雪ばらは物静かでもしっかりしています。
P10
Photo_3

まだ出来てないのが一枚
Photo_4

早く仕上げて、「トネガワ」の黒服たちを自分絵で描いて見たいわ。趣味で。
乙女チックの反動でおっさんが書きたくなる。ざわ・・・
甘いモノを食べたらしょっぱいものが欲しくなるのと同じ。
福本作品の絵柄の人物を骨格をちゃんと立体的に実際の人物風に書いてみたいの。
チームトネガワ・・・ああ、早く描きたいから早く仕上げよう。
いやその前にも描きたいものがある・・・
ほんとに阿修羅みたいに腕がいくつも欲しいよ・・・・でも肩こりは半端じゃなさそうだわね。。。。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

片付けは途中で止まらない

大物を処分すると弾みがつく、よし、コレを処分だ!
Photo_4
タンス~

この家に越した時に夫が購入したもので、私はあんまり好きじゃないから。

上三段は夫の遺品
したには寝室で普段使うタオルなど
タオルが馬鹿みたいに多し。多すぎ。
Photo_5
タンスの中身は袋や箱に入れて床において避難。
ほかにも、昨日までにまとめてある紙のゴミの束(明日が収集日)
粗大ゴミ、要らない本、オークション出品する大きな家電などが床を埋め尽くしている。
汚部屋みたいになってしまって心がくじけそう。
コレが片付けの壁。ココで負けたら散らかったまま。
早く身軽になってしまいたいからやめたらだめだ。

猫フリーダム!散らかってようと綺麗であろうと、猫のいる空間は気持ちがよさそう。
Photo_6

紙を片付けて空にしたファイバーボックス。
この家具が昔からのお気に入りだから活用。
セスキ水で綺麗に拭き掃除。
当たり前にウメジロウが入る。
Photo_7
家具を動かし床の掃除雑巾がけでもうへとへと。
だけど途中でやめない。

タンスから出したモノをきちんとしまうまでは・・・

と、電話が来た
なんと中学卒業以来ぜんぜんあっていない友人から。
15歳からずっと会ってないから思い切り久しぶり。

10日に四国から来る友人とも共通の友達だから、その日に会えたらいいな。

掃除は運気が上がったり、ガラクタを捨てると奇跡が起きたりするから、もう、片付けはすごいんだな、としか思えない。

月曜日は紙や布のゴミを出す・・・何往復もするな・・

車にタンスを積んで粗大ゴミセンターに運ぶ。

週明けもハードモード。

あ、そうだ。

漫画は友達に読んでもらった後捨てればいいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

片付けに拍車がかかる

大きなモノを処分すると拍車がかかるものです。

Wサイズのスプリングベッドマットを処分することにしました。
大きいし部屋を占領し手しまうことが不満でしたが12年も使っていました。
そこはかとなくかび臭い・・・古い家の匂いってこういう奴だ。捨てる!
スプリングマットは洗えませんものね。
Photo
粗大ゴミセンターは近いのでいつもクルまで行きますがこいつは私の車には乗りません・・・取りに来てもらうこトにしました。
ネットで予約できます。
コンビニで粗大ゴミにかかる料金のシールを買うんです。

ボックスシーツ3枚も不要になって処分。
Photo_2
着なくなった服は着ない理由があってt、それは解消されない限りもう着ることは無いから処分します。
ヤフオクに出してみようか考え中
Photo_3

身軽になりたい。
今の家は部屋が多いし広すぎると思う。ものも多い。
もっと小さい部屋も少ない家に引っ越すことを考えたらもっと身軽になりたいと思う。
H25
この2~3年の仕事で描いた画稿。
漫画と違いカットイラストは二度と必要が無いから処分します。
ラフも出てきた。
これはイラストクリニック(子供たちのイラストの悩みや質問に答えるコーナー)のラフです。
Photo_4
服のシワの描き方とか目の書き方とか、色の塗り方とか表情の描き方とかかみの毛とか・・・
選んだはがきを基にして一枚で絵や文で解説。小学生相手だから難しいのはだめだし、くどくなっても文字数に限りがあるし、たったの一ページだから結構レイアウトなんかも大変よー。
Photo_5
私はどんな絵柄にも対応してます。

紙の量が半端じゃありません。
大きなダンボールにまだいくつもあるんです。

一回、前の家にいたころ処分したんだけど、まだあります。
服なんか紙に比べたらちょビットです。

漫画を描いてたころの原稿や、ネームのノート、
キャラクターデザインしたナショナルジオグラフィックの雑誌・・
古いカタログなど
Photo_6
みんな処分。
紙の箱、劣化がひどくなったのでこれも捨てる。
Photo_7
持つとずっしりどっさりある色画用紙、ぜんぜん使わない・・・でもたまに使うことがある・・・うーん
各色3枚ずつとって後はみんな捨てる。
Photo_8
片付けって何でそわそわするんだろう。
引き出しがあちこち空になってきてるから、まとめて整理しなおして家具を一個処分してみようかと、計画を立ててます。

使わない家電や調理器具はオークションに出品する。
要らない食器も格安で、もう処分品だから。
着なくなったワンピースや、未開封のアクセサリーも
毎日何か出品してる。
入札が二つ付いた~^^

よし、バッグもストールも出品しよう。
・・・ストールはさすがに季節じゃないからもう少し冷えてきたらだな。

新しいものは買わない。持っているモノを活用すればいいから。
寝具はいざとなれば寝袋だってビーチタオルやタオルケットや毛布だってあるから困らない。
身軽になりたいといっても、絵を描く仕事を家でやってるから、ミニマリストみたいなガランとしたへやになんかならないし。ネコもいるし。
「アトリエ」なんだからそれらしい部屋にしていこう。
クリエイティブで自由人の自分に似合う身軽な部屋が理想。

こうやって捨て作業していたら、昨日、四国に行った友達からLINE来た。
来週会えるんだって!もう何年ぶりだろう。
飛行機の距離の友達に久々に会えるのも掃除の力?
掃除すると何か運気があがるらしいし、メリットがいっぱい。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

部屋という私の全世界

久しぶりに片付けのカテゴリ

3年前は確かに掃除嫌いだったのに、このごろ掃除の神が居ついているみたい。
常にお掃除、整理整頓しています。片付けが趣味といってもいいくらいになったかも。

モノを捨てたり片付けるときにはこんなアプローチ
自分は会社のオーナー、会長そういう上の立場で、家にあるすべてのものが「社員」。
いい人材はしまいっぱなしじゃ生かせない。仕事の場を与えてやらなきゃ。
これはいいものはしまいっぱなしにしないで、普段使えということ。
よく働いてくれる社員にはいい席を与えていつでも活躍の場を与えてあげる。
適材適所です。
ちっとも働かない社員に給料を上げるような無駄なことはしたくないから捨てる。
場所をとるだけで不要なものはしまわないで捨てるということ。
昔はよく働いたかもしれないけど、今はもう使うことは無い、「今までありがとう」といってお別れする。

そういう今いらないものの中に【ニーハイソックス】が数足ありました。
これは掃除に使うといいかもと取っておきましたが・・・

さて、夏、暑くて腕が汗ばみ、絵を描くときは長袖を羽織ったら暑いし、何か敷くのは絵が見えない、透明の下敷きをしいたらぺたぺたくっ付いて気持ちが悪い・・・とかなり不便な思いをしていて・・・

思い出したのが先の【ニーハイソックス】!
先を切り取って腕にはめたら、お店で売られてるアームカバーなんかよりもずっと使いやすい!これぞ適材適所。しかもメッシュ素材だったから快適。
Photo
数足あるから洗い替えもあっていいし。
これは思いつけてよかった、捨てないでよかった。

1階の仕事部屋
天窓はカーテンも出来ないから、入居当時から傘をぶっこんだままです
この黒い日傘が大きすぎてこの家に来る前まで、普段使いにくく(狭い道で通行人にぶち当たりまくってた・・・私チビだからでかい傘さして人ごみ通ると大迷惑かけるのよね)、もう捨てようと思ってた奴だったから、ここで活躍できてヨカッタヨカッタ。
1
よく使う画材には良い待遇を。
Photo_2
ピーターラビットのスープカップを2個いただきました。
でも、カップはもういっぱいあるからいらないなあ勿体無いなあと思っていたんだけど
短い色鉛筆を入れたらあつらえたみたいにいい感じ~!
Photo_3
今まで短い色鉛筆は普通のカップや鉛筆立てじゃ深くて不便だから、100均の安っぽいプラケースや、空き箱や、ペットボトルの底を切ったのを使ってた・・・そんなのに比べたらこっちがいいや。

ルイ・ヴィトンのごついポーチをもらいました。
これも使わない・・・ああ、マーカーいれて立てるのにちょうどいい
Photo_4
コピックの中でも使用頻度の高い肌色系を入れました。

リモアのケースも頂き物。
200703141401000
200703041420000
よく使うからいいものです。

Photo_5
このデスクは祖父が使ってたもので足が切られて低くなってる。
同じデスクが戦争時代の映画の中に使われてたのを見たことがあります。ほんとに古いデスクです。
椅子は長時間座ると腰痛やふくらはぎのむくみなど、合わないんです。
それで筆机を使って痛んだけど机二台なんて勿体無いから、筆机を処分した、その一部残ったのがキャスターつきのこの椅子。物が入れられるし上で正座でもあぐらでも座り方は床と同じで快適。

自分に生活しやすくどんどん快適になっていきます。

シンプルなのが暮らしやすい、たくさんあるものは減らしましょう。
当時は大事で捨てられなかったものも今は大事じゃないし無くていいと思う。
そういう本を出してみたら結構ある。
Photo_6
綺麗な本はオークションに出品してみようかな。
ミケちゃんは出品しませんよ。
あ、使ってないものといえば
レターセット!これもまったくこの先も使うことはなさそうだし。
捨てよう
Photo_7
ウメジロウは捨てないよ。

ネコは、床に何か並べたりすると自分も参加したがるようです。

で、もう一匹がきませんが、ネボスケチョビは寝ているときは何していても起きてきません。
Photo_8
ん?
Photo_9
背中のほうにお手手?まったくおきません・・

さてお掃除で役立つ箒の話
ネコの砂は掃除機で吸うとかなり細かい粉塵になるから吸い込みたくない、小さい箒しかなかったので、学校で使って床を履くのに便利だった自在箒の小さいのを購入。
箒の柄も伸縮自在で便利。
でも箒ってホコリや毛が絡まるし汚くなるから箒を掃除する櫛がいるなんていうけどさ
こうすりゃいいのよ
Photo_10
お掃除シートをこんな風にホチキスでとめて使います。
普通のお掃除シートの使い方だと、砂のようなゴミが取れないからね、
こうしたら履くことも出来るし毛のゴミは取るし、箒自体が汚れないし、一石三鳥なの。

料理も好きです。
外食はぜんぜんしないから。

Photo_11
Photo_12
Photo_13
Photo_14
そういえば米を食べません
コレが断シャリか

明日は何を作ろうかな・・・オムレツにしようかな・・・




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

王子様~横顔からにじみ出るイケメンっぷり

絵本に登場する王子様です。

描きあげたばかりの絵本の一部分
P15
悪い小人にかけられた魔法が解けて熊の姿からきらめく衣装のハンサムな青年の姿に変わった瞬間
Up
イケメンであっても、チャラチャラしてたりワルっぽかったりなんてしない、高貴で爽やかであること。
絵本を見た幼女が素敵な王子だな~と思ってくれるように、その子のお母さんにも、幼稚園お先生たちにも、そう思われるように。。。

主役の女の子
P14
P
一反逃げようとしたんだけど、いきなり光り輝く美男子が現れたのでびっくり!

王子といったらシンデレラの王子様↓
Photo

そういえば王子様って、童話では名前さえも出ないんだね・・・

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

絵本は幼稚園などに置かれる本になるので、普通の本みたいに本屋では購入できません、でも出版社に問い合わせたら販売してもらえるそうです。
絵本になるのはまだ先ですが、興味がある方、購入したい方はコメントかプロフ内の連絡先かニコッとタウン、どこかにコンタクトしていただけたらお返事します。

7月24日の日本ブログ村

記事ランキングでアナログイラスト1位になりました

ありがとうございます(^o^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

こんな風に仕事してます3トレース

大きいトレース台を買いました。

昔、一番初めに使っていたものはオール木製で、色ガラスが二枚使われてて、中は普通の蛍光管。
とても大きくて重くて立派なものでした。
昔のトレース台はほんとに大きかった。

二番目のは、金属とプラスチックのボックス型。
蛍光管です。

3番目のはやっとLED~感動の薄さ。
値段はB$サイズで2万円くらいしました。
昔のLEDトレース台は値段が高かったなあ。

近頃じゃトレース台は薄い明るい種類が豊富でなんと言っても値段が安い!

A3サイズよりもずっと大きいの。
Photo

前回色をつけた紙の裏に下絵をずれないようにテープで貼り付けてトレース台にのせて下から光を当てるのです。

明かりをつけていないときはこう↓
Photo_3
3段階の明るさ調整ができる。
1段回め↓・・・一番明るくない奴でも十分見える
Photo_2
熊が家の中に入ってくるシーンです
2↓
Photo_4
3↓一番明るい
Photo_5
撮影するとそんなに違いが無いんだけど、肉眼で見るとはっきり違ってる。
さあ、これで作業がはかどるわ。
トレース台は作業に絶対必要なものだから、二台あると安心。
ケーブルの接触不良で光らないときがあったりしたから、一台じゃ不安だったのよ。

この本が11月号で、最後の見開きページは歌が入ります。
秋らしく「里の秋」・・これって戦後間もない背景だから、主人公の子供は遠い戦地に行っているお父さんのことをおもい、お父さんの笑顔を思い出している・・・そのラフを描いたら
『哀しくて泣いてしまいます』と言うことでお父さんなし、里の風景をカラフルに描いてみました。
Photo_6
木や家のデザイン画は大好き。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

こん風に仕事してます2水張り

絵本の見開きがA3サイズだからといっても絵を描く紙はA3じゃない。
それより一回り大きい紙に描くので、F8サイズの水彩紙を使う。
ブロックタイプ(周りがのりで貼ってあって水張りの必要が無い)でも大きいサイズの紙だと水張りしないとかなりぶよ~んとしなってしまう。
水張りテープは持っていたからあとは適当な板が必要。
・水でぬらしてもしならない、適度な厚みがあること。
・使用する紙のサイズよりもテープ貼る分、大きいこと。

板なんてよく捨てられてるんだからわざわざ買うのやだな結構高いから、どっか捨てられていそう、大きさは45㎝×34㎝で、暑さは9ミリ。、テープがくっ付くように化粧合板じゃなくてあと二枚分あったら作業がはかどる・・・・といつも考えていてふと見たらまさに望むとおりの板がゴミ置き場にあったから拾ってきたわよ!タイミングもばっちり。コレが引き寄せの法則なのね!?すごいわ。

さて、ほとんどの人には知っておいてもしょうもない水張りのやり方。

1、水張りテープ自体は水にぬれないように、一番初めに貼る部分の長さにあわせてカットしておく。
2、バケツに水、刷毛、水にぬれてもいい作業台に用意。
3、使う紙は裏表がわかるようにしておく
Photo
最初に表側をびしょびしょにする〈刷毛で水を塗る)
ひっくり返して裏もびしょびしょにする
Photo_2
しばらくそのまま置く。干ししいたけを水で戻すみたいに、紙に水を充分吸わせておく。
乾いたらだめなので、乾きそうならこまめにぬらしておく。
Photo_3
板を置く
紙のほうが板より大きい場合は紙を織り込んで裏にテープを貼る。
短いほうを先に。
Photo_4
カットしておいたテープをぬらす。びしょびしょだと貼ってもずれてしまうから、ぬらしすぎないこと。
Photo_5
紙に先にくっつけておいて、板に貼り付ける
Photo_6
テープの長さは重ならないように短いの。

Photo_7
次に長いほう。
ラッピングみたいに折る
Photo_8

Photo_9
先に張ったテープが短く、あとからのテープは長く。
水張り完了。
Photo_10
あとは、どこにも触れないように、表を上にして乾かす。

作業環境
Photo_11
乾いたら、板に付いたままの紙に絵の具でいろをつけます。
水でびっしょりぬらして色をおいて、塩をまくいつもの技法です。
下絵を横に置いて見ながら、シーンに合う色、配置を考えて一枚一枚つくっていきます。
Photo_12

Photo_13

Photo_14

絵の具が乾くまで置いておく。
塩の乾き具合を調整するのにドライヤーを使います。

乾いたら、使用する大きさに紙をカットします
Photo_15
この工程は私の独特なやりかたで、普通の絵を描く人と順序が逆になります。
普通は線画が先で色塗りが後ですが、私は色を置くのが先。
この後の作業はトレース台を使います。

水彩絵の具は修正がきかないと一般では思われてるけど、水拭きで汚れを落とすように絵の具は落とせるし、砂消しゴムでもこそぎ落とせるのです。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村




 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

こんな風に仕事してます1絵本のラフ

グリムの「しらゆきとばらべに」
私が描きたいと電話であらすじなどを教えたのがきっかけで描くことに。

グリムの話では、余計な部分が多いからどんどん取っ払い、物語の日本人にはよく分かりにくい説明が無い部分は子供にもわかるように書き加え、20ページの短いお話に仕立てられる。

このお話で多くの日本人読者に謎に思えてるところ
『王子を熊に変えられるほどの魔法が使える小人が、最後あっさりとやられてしまうのはなぜか』
これの答えが「ひげを短く切られたから魔力が弱くなった」この小人のひげのことはグリム童話には本文書かれてないから、私が希望していれてもらいました。
西洋では、かみの毛やひげなどにその人の力が溜め込まれているっていうのが暗黙の了解みたい。そういう伝説だとか神話が結構あるから。

絵を描く側から困ってしまうことは二人の年齢に関することがグリムの文に一切かかれてないことだったんだけど、今回『数年後に結婚しました』っと言う文を加えたおかげで、子供らしい二人の設定に出来ました。

絵本の文章は短い。
だから絵が文章以上の情報を伝える。
そこは私にまかされるところ。
ひらめきは瞬時にいくらでも浮かぶ。きちんと決めなきゃ。

 『昔、とても仲の良い姉妹とお母さんが暮らす、小さな家がありました。
 庭に、白いばらと赤いばらの木があって、姉妹は雪ばら、紅ばらと呼ばれていました。』

この文が見開きの右側に入る。
見開き2ページ分を一枚の紙に描くのです。
出来上がり本はA4サイズだから見開きはA3。
でもラフは描きやすく小さく描く。

場所もわかるようにしたいな。森のそば。
Photo
うーん、始まりだから二人の顔がはっきり見えるのがいいかなあ。
Photo_3
全身がいいかなあ
Photo_4
家の形が見えるのがいいなあ
Photo_5
生活してる感じ、働いてるところとかがいいなあ
Photo_6
これで行くか?
Photo_7
んー、待てよこの次のページは真冬なんだよな・・せめて秋っぽくしよう
秋の木苺をつんでるところししよう。
Photo_8
コレが下絵になりました。下絵は実寸サイズのA3の紙に描きます。
全体に絵を大きく入れるよりも出版社の好みは絵は小さく、ちろげてないほうがいいそうです。文字重視なのです。

私は小人が木にひげを挟まれてるところが好きです。

小人はすごく性格悪そうな顔で。女の子のけなげさが出ます。
ラフではこう
Photo_9
ラフを修正して
下絵になったのはこう
Photo_10
見開きの左右量端に文章が入るから、それが見やすいように。

担当さんに「イケメンっぷりがいいですね」と高評価の王子のラフ
見ただけで王子だとわかるために冠は必須。
Photo_11
下絵はこうなって、色をつけるとさらにイケメンになってますよ。
Photo_12

6月にすべての下絵がOKになり、7月8月は製作期間です。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村
作業工程や下絵から色をつける段階も公開します。
今回はココまで。

絵本の絵は流行に関係なく、そしてファンシーじゃないのがいいんです。
絵で間違った思い込みをしてしまうことがあるから。
絵本のチビクロサンボは誰が見てもアフリカ人、と思うんですが虎が出てきます、虎はアフリカにはいません、インドなんです。
そう、ホントはサンボはインドの少年。
絵のせいでアレがインドだと気付かないのです。かわいく好きな絵なんですが。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

ほっかむりの女の子

Photo_5
絵本の裏表紙のイラスト。

別々の紙に描いてるけど、裏表の色味画合うような明るい雰囲気がいいとのことで、春っぽいのにしたんです。

ほっかむり・・・ってこのスカーフのまきかたはちゃんとした名前が無いのかな?
二人の周りには花や葉っぱや木苺みたいなかわいい実がある・・・
Photoラフ
アタリを取っていく
Photo_2 
これをトレースしながら色を置いていく

できあがり
Photo_4
周りの花は下書きなし。紙に出来た絵の具のにじみから花が見えてくるから色鉛筆で描いていく。

表紙
Photo_6

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

自分で大きいハンカチをほっかむりして鏡で見てスケッチ。
紙のカールも自分のくせっ毛を見ながら描いてます。
幼稚園で読まれる絵本なので、ほっかむり真似してやってみる子もいるんじゃないかな。
ほっかむりを幼児に流行らす魂胆があります(^◇^)4~5歳の女の子のほっかむりはかわいいもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

折り紙でタチコマを作ってみる

久しぶりに趣味のカテです。

折り紙を折るのがここの所マイブーム。
かえるだったり長靴だったり
難しい立体のカニに挑戦したり。

タチコマが折ってみたかったのに作り方が調べても出ない・・・
こうなったら自分で工夫しましょう
Photo
タチコマ・・・見える?(脳内補正でお願いします)
手(?)や砲弾発射するとこなんかは省略。
単純化してる、
角みたいなアンテナみたいなのも立ってるのは後付じゃないよ。まるっと青い折り紙一枚で折ってます。
Photo_2
あとトレードマークの大きな目(?)コレが無いとタチコマには見えない。
Photo_3
ふっくらさせて半立体です。

初めに作った奴は平べったいの↓
Photo_4
タチコマは足が太いんだからこれはだめね。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

ストールをまいた女の子のイラスト

裏表紙は秋の雰囲気にしたい・・・

まだ描いている途中だけど
Photo
撮影すると暗いので、PCでコントラストや彩度調整してます
上下雰囲気変わるよね。。
Photo_2
この前描いたのよりいい感じ、かわいい。
ふさふさの付いたストール。周りをもうちょっと暗くしたいな・・・

Photo

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

雪ばらと紅ばら 

英語のタイトルはSnow White and Rose Red 
日本式だと「ゆきしろとばらべに」「しろばらべにばら」などいろいろあって、グリム童話の赤ずきんや白雪姫みたいな王道より認知度は低いほうの童話。
仕事で描かせていただく絵本のタイトルは「雪ばらと紅ばら」

並びから行ってもお姉さんのほうが雪ばらかな。

絵がめちゃかわいい絵本が出来そう。

Photo_3
↑この前UPしたのをブラッシュアップしたの
草花をたくさん描くといいね。
普段から散歩しながらあちこちのお庭の薔薇や足元に生える草花をよく観察してる。日ごろの観察を生かす。

Photo_4

熊より虎が好き・・・でもそれだとインドだ・・・虎に変えられたマハラジャっていうのも面白いと思う~

服をかわいく描くとお人形みたい。お祭りの衣装みたい。
北欧やロシアやドイツ風やいろんな民族衣装のかわいいとこ取り
Photo_5
木苺の葉っぱをもっと強くしたほうがいいね、実ばかり濃いから・・・
靴・・・どうしよう?素足がいいか?木靴?ストラップ?リボン付いてたりする?

Photo_6
スカートはたっぷりギャザー、かみの毛はありえないくるくるが好き。
Up
服をデザインしたり描いたりするのが3歳のころから大好き。
もし子供のころの自分に見せたら確実に歓喜するな。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

キャラ製作・自己流

グリム童話の「Snow white & Rose red」

Photo

イメージカラーが赤と白、王子と結婚するくらいなので気立ても品格も良い娘。

主人公の女の子は【庭にある赤と白の二本のバラの木のよう】【ばらべには外で走り回ったり蝶を追いかけるのが好きで、それに比べて少しおとなしい雪白は家で本を読んだりお母さんのお手伝いをする】見た目、容姿などについての明記がないので、良く考えて、見た人が納得いく二人の容姿を作っていきます。

絵本の絵柄は写実的に描かれた人物が好き。断然。
ペンで輪郭線が描かれてるの嫌い。
色塗り画材は何でもありで、ざっくざっくした筆致が見えるものが大好き
画材の見せ方が好きなのは・・・
アクリル絵の具やコラージュなど荒井良二さん、
ミスタードーナツの絵で有名になって若くしてなくなられたパステルワークのペーター佐藤さん、
油絵もコラージュも大きさも何でもありの猫の絵を描くマンハッタナーズで有名な久下貴史さん・・・
写実的で絵柄がすきなのは水彩、油絵、チャコールペンシルのジェシー・ウィルコックス・スミスさん
総合で一番すきなのがオイルパステルを使うクリスチャン・バーミンガムさん
みんな明るい絵を描く人たち。

私はマット水彩での塩技法とコピックと色鉛筆を使う。みんな身近な画材。

二人の女の子、下絵
Photo_2
下絵があっても、今までの経験から、仕上がると別人になることがわかる
トレースする。

Photo_3
塩技法で作っておいた水彩紙、色をふき取ったり消していくとき
いつも思うのが頭蓋骨に肉付けする「複顔」。
骨格を意識して、高い部分は光が当たるから白くする、そうやってると立体感が出てくる。
Photo_4

Photo_5

Photo_6
コピックで肌に薄い色をつける
三菱の色鉛筆は常に活躍します
Photo_7
バラも輪郭なし
ざくざくと色をのせる。
Photo_8

Photo_9
白いバラは描いてない。色を削り落としている。
この絵の具のにじみは印刷だとそれほど綺麗に出ないようなので、この絵の具のにじみばかりに頼らない描き方をしなくちゃ。
Photo_10
もうちょっと・・・

本にするならモーっトしっかり色をつけて細部も書き込むけど、今回はこのくらいでいいわ。

Photo_13

明るさ、コントラスト、彩度、明度を全体に上げて調整した↓

Photo_14

華やかなばらべに
清らかなゆきしろ
キャラクターはこんな雰囲気・・・

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ

にほんブログ村

Photo_17

ホワイトを足して、すこしエッジを強調

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

おとぎばなしの女の子

前回の雪バラと紅バラ、色もつけた表紙イメージを作ってみました。
Photo
この絵本は子供が読むものですが、男の子って「女の子が描いてある表紙」〈内容が女の子主人公}の本って基本読みたがらない傾向があります。女の子はそういうところは関係ないのですが・・・。そこで「動物」です。動物の本だと男の子はとっつきやすいのです。
てことで表紙の熊ははずせない。〈表紙が女の子だけにならないようにっていうのはそういうところを考えてなのです)


デザイン画
Photo_2
おそろいの服で名前のとおり雪バラは白、紅バラは赤で。このほうが双子であることと、名前が印象的になるでしょ。
この子達はお姫様でもお嬢様でもないのでステキな衣装を何枚も持ってない。基本はワンピースで、スカーフやエプロンなどでコーデする。

趣味のほうのでは「おやゆびひめ」にはまってます。
絵本の親指姫はいろいろな絵描さんが描いたものがあるから、何冊も買って見比べてます。
なかなか自分が納得いくものがありません。漫画風のは論外です。
スベン・オットーさんの絵は挿絵として見やすいけど、いかんせん華やかさ、キャッチな絵ジャないから表紙が損してる。
めちゃくちゃ絵の上手い池田浩彰さんは何かあったのか!顔がつぶれた饅頭みたいに描いてる・・
色彩豊かなバーナデットさんは・・・この人は人を描くのが上手くないんだ・・・雪の女王なんて干したダイコンみたいなんだもの・・・
ほかにも、親指姫なのに中年女性みたいに描かれてあるのとか
髪型が日本人の近所の子みたいでメルヘンじゃないとか・・・

他人が思うように描いてくれないから自分で描く。
Photo_3

Photo_4

Photo_5
話に「花の天使」とあるので、天使ならふわふわの巻き毛が合うなあ。
あと、服には絶対長いリボンが付いてるはず。
だって、蝶に結びつけたり、ツバメにも結びつけたりするんだから、リボン必須。
Photo_6
親指姫を描きたい理由は、場面展開が豊富だから。

Photo_7
ヒキガエルに誘拐されたり、葉っぱの上にいたり、地面の下に暮らしたり、ツバメに乗って空を飛んだり・・・童話の女の子で一番小さいのに一番行動範囲が大きい。
Photo_8

いろんなシーンを少しずつ仕上げていくつもりです。親指姫は趣味です。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村







| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

絵本の絵を描くのはたやすいが

ベートーベンの絵本「月光の曲」の絵のリメイクする話は去年から出ていて、そのまますんなりいってれば今頃はもう色も塗っているところだったんだけど、出版するほうの何やかやで「月光の曲」の本作りは消えた・・・ってことでゼロスタートになった・・・と聞いたのが3月。

ゼロにはなったけど、スタートはする。別の話を大急ぎで探してるとのことで、わたしからも是非と薦めたのが「ゆきしろ ばらべに」のおはなし。
担当の人はこの童話を知らないらしいので、電話口でストーリーを教えて・・・
そして、おとといこの話(タイトルは「雪バラ紅バラ」にするみたい)で決まったそう。

昨日早速イメージを落書きしてみた
Photo_3
物語を読んでも、この女の子たちの外見的な特徴がなにも明記されてない・・・
年齢も髪の色もなにも・・・
Photo_4
このお話の面白胃い重要なエピソードはひげの長い悪い小人とのからみ。
Photo_5
二人の年齢設定は14歳くらい【白雪姫がその年齢だから)にしてるんだけど。
キッズじゃないし、大人じゃない、微妙なあたり。
Photo_6

6頭身くらいが見やすいな

髪型を同じにしてみたらどうでしょう?

色で判別だな。

金髪のお下げかわいいなあ。

Photo_8

王子は「美男子」とあるけど、何歳くらいなんだろう・・
王子様には都合よく弟もいて、都合よく姉妹とW結婚する。
Photo_7
王子様だとか、あんまりハンサムな青年を描くことってあまりないなそういえば。
ちなみに、PCでイケメンとか美少年って検索してみると、なんだか精神を病んでるみたいな不健康そうな男性が多いね・・・できるだけかかわりたくないって思うような外見だわ・・・。。

月光の曲、とりあえずイメージラフは先にいろいろ描いておいたんだけど
ポシャ。
Photo

2

3

4

なんであっても、童話に出てくる女の子の服装が不自然だったりかわいくなかったら許せません。絵本なのにしまむらやドンキのコスプレ衣装みたいのだとがっかりです。

絵本作家でものすごくステキなデザインを描くのがカイ・ニールセン。
ハリー・クラークも。
ジョン・オースティンやビアズリーなどはもう話しよりもデザインにうっとり。
すべて子供向きじゃない絵柄なんだけど・・。

こだわって描きたいなあ。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村





| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

おめでたい攻殻機動隊

いつもと違う描き方、サイズ、画材を使って描いてみます。
たまには普段と違うこともやってみます。



何を描くかっていうと・・・・
わたしはアニメの攻殻機動隊が好きで再放送繰り返し観ていたから、ハリウッドの実写映画の事を聞いてわくわくしていたんです。
先月描いた北野武さん・・・
Photo_2

絵はアニメの絵柄で、公安9課のメンバーを描きたい。
このメンバー7人で、紅一点だし、アレっきゃないでしょ!
おめでたいの大好きだから七福神!
みんなジャンプしてるのがいいな・・・
わたしは構図を作る前に一人ひとりにポーズさせて、そのあとでレイアウトを作っていく・・・
Photo_3<ラフ
服なんて、神様に決まりは無いからそれっぽくなればいい。。
弁才天は少佐。
体が大きいボマーは毘沙門天か布袋・・・あ、毘沙門天はバドーさん。
恵比寿はつり名人だからヒットマンのサイトーさんで・・・
ひげのあるイシカワさんは福禄寿か寿老人で・・・
Photo_4
大きさはコピー機で好きなサイズに出来るから、とりあえず、描きやすい紙に配置させる。
ななめの構図で流れと動きを。
Photo_5
いったん綺麗な一本の線で見やすくするためペン入れして、コピーとる。
コレが下絵
Photo_6
パズを年寄り役にすると違和感あった。。。現役の年寄りが9課にいるじゃないの!

Photo_7
パズさん、鹿。
バチの持ち方も、三味線のように小指を入れたもち方じゃないのね、持ち方を修正。
琵琶は本物を見たことがないからまったくわからないので調べる。

Photo_8

大きな紙で板に水張りしてみる・・・水に反らないように9ミリのベニヤ板を購入して、自分でのこぎりでカットした板、ふき取ったら雑巾がすごい汚れるから、紙を貼る前に良く洗った。
Photo_9
下絵をトレースする。鉛筆トレースなので薄い。
Photo_10

見えやすいように色鉛筆でなぞる
Photo_11
大黒天はもともとインドの神だったんだけど、日本の「オオクニヌシノミコト」の「大国」がダイコクと読めるので同一視している・・・というほんとに宗教観がアバウトなんだよな、、、七福神って。
大黒天は古事記っぽい服装で、靴はサンダルにしたわ。弁財天の服はギャザーとフリルいっぱいに。
もう神様の正しい服装なんて・・・これは誰にもわからないから何でもありで。。
Photo_12

Photo_13
絵の具はアクリル絵の具。

いつもはにじませてふわ~~っと濃淡を出して色が混ざり合わせてたけど、今回は普段やらない塗り方。にじませないでぼかさないで、パッキリと色をつける。
Photo_14
すこ~しずつ
Photo_15
天上にいる雰囲気を出したいので、雲柄を描く。
空きスペースの大きい右下に入れてしまうとせっかくの斜めの流れを止めてしまうから、流れをつなげる配置。見せ方を狙う。絵は計算。
Photo_16
自己流の雲柄
Photo_17
濃淡のないのっぺりとした色のおき方、日本の古来の絵の雰囲気っぽくなるように・・・

Photo_18
輪郭線は筆ペンで。
人の肌と髪などはコピック。
Photo_19
周りの白い部分、。髪のママがなんかいやだったので、順序逆になっちゃったけどジェッソ塗ったら
水張りテープがやぶれた・・・

【完成~~】

Photo_21

公安9課の七福神 
漫画のキャラをUPするのはほとんどないけど、二次創作?描いたのはサイボーグ009以来ね・・・・サイボーグつながりなのは何でかな・・・

Photo_22
彩度と明度上げた

Up

Up_2

ゴールデンウィークには映画も観に行きました。
実写は日本で作られないでよかった!主役のスカーレットさんが美術の本から抜け出たような体で擬体っぽいからもうそれだけでOKよ。
わたしが気に入った映画は人気が出ないからこれはヤバイわね(^_^;)

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村









| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

絵本が出来た・かみのいろのこと

店頭に置かれない本なんですよ。
幼稚園などに置かれて先生が読んであげる絵本です。

Photo
背表紙(表4)です

昔から虎がいきなり出てくる絵本が好きだったなあ
『ちびくろさんぼ』『おちゃのじかんにきたトラ』
子供のときに描いた絵↓
4
なんでトラが4匹?って思ってたけど、本を読み直したらちゃんと4匹だった。

↓これは今回絵本になった
Photo_2
見開きにいきなりトラ。

最初のページ、女の子は何枚か描きなおしたなあ
Photo_3

あんまり描きこまない方が絵本になったときに見栄えがする・・・
絵本になったときにいろいろ課題が見える。
いろえんぴつとアクリル絵の具はくっきりはっきりして発色のいい画材だ。
なのに水彩絵の具・・・こいつがいまいち綺麗に出ない。
この次の課題・・・絵の具のにじみばかり多用しないこと。
色鉛筆をもっと使おう。

絵本の最後のページがお話に無関係な諺と歌の見開きページ↓Photo_4
コピックは使い慣れてるから発色もこうとわかる。
人物やっぱり得意だな。ずっと学習誌系で仕事してるから親子世代は描きなれてる。
このぺーじの構成は変えられないから、空きスペースに入るくらいのイラストを描くから、断ち切りや配置はデザイナーさんに任せる。
Photo_5
諺は決まっていて、絵をどうするかで、いろんなパターンのラフ描いた。
「人は見掛けに依らぬもの」は
・瓦割をする女の子
・達筆な書を書く外国人の子供
・死亡遊戯のヌンチャク持ったおばあちゃん
・・・で決まったのは『ラブリーなエプロンでお菓子作りをするマッチョな男性』

犬派の人は上のカットを見ると「待て」をしてると思うらしい。
ちがうよ
猫は「飯早く出せや」って目で訴えてるんだよ。犬みたいに待ってないんだよ。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

髪が伸びました。

近況は髪の色について。

くせっ毛で縦ロールに近づきます。金髪が似合ってしまう

黒髪が致命的に似合わない。

2017316

これに対して「日本人に黒髪の似合わない人はいない」という意見があるんだけど、其の理由が「黒髪が似合わない」と同じ理由だからおかしい。

日本人は基はみんな原始人のころ、縄文人やら弥生人だから余すことなく黒髪の人種。
・・・だから日本人は黒髪が似合わないことが無いと言うが
だから似合わないのだ、

だって黒髪だと原始人(縄文人)になるから。

肌の色がオークル(強い黄み)で、髪の毛が多くてクセがあるボリュームのある髪・・これで黒髪だとほんとポリネシア系の現地人のような、要するに原始人系。

野暮ったい、垢抜けない。

こういうタイプが茶髪にするとぱーっと垢抜ける。

あとは「病気っぽく見える」青白い系の肌。
こういう人が黒髪だと病んでるみたい。不健康に見える。

わたしは病んだ縄文人になってしまっうから黒髪が鬼門。

2017316s

4月になったら美容院いこう・・・なんか髪の色がまだらだ・・・




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

憧れの花と美女の絵

昨日やっと出来上がった
Photo
UPするためにかなり明るく調整しているけど

花と綺麗な女性の絵というのは昔から普遍的。多くの絵描が描くのは、見た人のどんな人(年齢も性別も国籍も関係なくわかりやすい・・・)にも伝わりやすい美しさだから。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

まだ幼稚園に上がる前か幼稚園に入ったばかり位のころ、見せてもらったイラストにため息が出た。それは高橋真琴さんのイラスト
Photo_2
長いまつげに縁取られた 星をちりばめた天空のような瞳
Photo_3
ポロポロ零れ落ちる花・花・花・・・
Photo_4
くるくるした巻き毛
細やかなレースにフリル・・・
こんなに綺麗な絵見たことが無い
真似して薄い紙をかぶせてなぞっても幼児には上手く描けない。

少女マンガはこの高橋先生の影響を強く受けました。
「ガラスの仮面」も「エースを狙え!」も「ベルサイユのバラ」も「はいからさんが通る」も「キャンディ・キャンディ」も・・・
瞳がきらきら巻き毛がくるくる。フリルにリボン・・・何処もかしこも花がいっぱい。

高橋真琴さんの絵は大人になってから見ても素敵。
Photo_5
子供のころはかけなかった巻き毛もフリルも自在に描けるようになりました(ぜんぜん似てないけど)
お花?十字の形のを散らしてみてます
Photo_6
黒い輪郭線は不自由に感じるので、輪郭線は溶け出して空気に薄れていくような・・・幻想的な雰囲気が好きです。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

表紙の絵

絵本の絵が完成しました。

これが表紙の絵
Photo

保育園や幼稚園などに置かれる絵本になります。

私はペンを使わないで蛍光色の色鉛筆使うわ、荒目の水彩紙を砂けしで削りぼさぼさにしてしまうわで印刷屋泣かせの画材や技法使うからどんな感じになるんだか・・・

表紙には出ていない大胆なオチもあるし貼り絵もやってるから面白く出来てると思うんだけど。

本になるのいつかな~。。。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

絵本を作る・イラストレーターの仕事の話

ブログ更新していませんが毎日絵を描いています。
趣味の絵じゃないからなかなか更新は出来ないのですが近況でも書いとこう。

【絵本の作り方とか絵本作家になるにはという本を読んだけど・・・そういう本は役に立つというとこがあんまり無かった。】
絵本は実はあんまり読んでないから有名どころなんてぜんぜん知らなかったから学ぶために本屋で立ち読み・・・・絵本って高いから新品は買わない・・・古本屋でまとめ買いしてみました。
絵本を作るのに役に立つのは、実際の本を見ることで、文字が何処に来るとか(絵と文章が別々のページにある、絵が見開きにびっちりあって文字は絵の色が薄くなってるところに入る・・・など)何を使って描いているとか、そういうのがわかるし
一番役に立つのは、購入者のレビュー。
おしゃれな絵ですが2歳の息子は見向きもしません・・・とか
読み聞かせるのに、絵と文章があってません・・・とか
色が暗くて子供が怖がる・・とか
そういうマイナス評価はすごく役に立つ。

つまり自分が描くならマイナスなトコをなくしちゃえばいいんだ。


絵本の仕事です。
去年舞い込んだ出版社から絵本のイラストを描くというのが、始動が3月くらい・・とのことだったんだけど、急に別の絵本の依頼が入ったの(同会社から)。
それは幼児向きでお話から私が作るって事で、その電話中に私はすでに話がひらめいたから、さっさと絵と文章を入れたラフを週明けにファックス送信したらそれが一発で通ったの。

いくらでもひらめくしいくらでも瞬間でお話が作れるのが特技なの。子供のころからそういうお話作りでノートに何十と描いてたんだもんね。

さて
イラストレーターはモノを知ってないとかけません。
幼児を調べてみる・・・4歳児の平均身長1メートル・・・これくらいがいいかな
で、5頭身じゃなく4頭身ちょいくらいがかわいく見える。
頭でっかちで肩幅が狭くて足が短くて・・・
漫画であるような首が細いなんていうのは無い。
私の絵は漫画じゃないから。

などなど服装から体型から髪型・・・いっぱいいっぱい描いて決めていく。
決まったらキャラクターのイメージがぶれないようにちゃんとデザイン画にしておく。
Photo_2
これは本にしない絵だから公開できるよ。

レイアウトもデザインも絵柄から配色・・・なんでもこっちの自由に描くというのが今までの仕事ではなかったこと。
イラストレーターは決まった大きさ決まったモノを依頼どおりに描くことが仕事だから。
はじめからみんな決めるから自分で描いて描いてどんどんブラッシュアップしていきます。
紙たくさん使います。
Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7
こんなのたくさんたくさん何十といろんなポーズさせていろんな表情させて・・・
一番かわいく見えるように。

絵がモノを語るというのが絵本なんだから。
表情ひとつで意味が変わっちゃう。

ボツにするのだっていっぱい
Photo_8

周りが暗いから文字が入らない・・・髪型も服も変えたいし、もっと幼い無邪気な表情にしたいし・・・

絵をたくさん描いていくのも没にしていくのも楽しい作業。
もっとこうしてよーこういうふうにしてよーと自分が二人いて、一人は何でも描ける先生で、一人は先生にいろいろ望んでいるファン。
先生ならもっとこういうの描いたほうがいいよー、こういうのかいてよー
なんてどんどん望みを高くしていく。

ずっと孤独なのに孤独を感じないのはこのせいかも。

12月から描いてたからもう全部仕上がるところ。
締め切りは来月8日だから余裕だ・・・

色鉛筆も新しいの買いましたよ。
Photo_9
色鉛筆は安いのだって難だって絵がかけない色鉛筆は無い。
けど、どうしても足りてなかったのが「ビビット」な強い色。
トンボや三菱の普通のじゃビビットな色が出ないので、ホルベインアーティスト100本セット。
確かにすごく濃い。柔らかいから、減るのもはやそう。
色鉛筆増えた
Photo_10
フェリシモのと、水彩色鉛筆はぜんぜん使ってないや・・・
従姉妹や知り合いが子供のころ使ってた色鉛筆をたくさんもらってそっちを良く使ってます。服よりバッグよりも色鉛筆のほうが宝物。

これで、素敵なのどんどん描いていくよ。

さあ そろそろベートーベンだな
ベートーベンのこと調べていく。
次の絵本が「月光の曲」というタイトルで、戦前のフィクション・・・なんて検索で出たけど、同じものかどうか知らない。
何しろ、「月光」・・・ピアノソナタ第14章は「幻想曲ソナタ」と呼ばれてて
月光って名前は本人の死後についたんだって。

それにしても何で私にベートーベンの依頼なのかしらね?
月の光に揺れる小船・・・のイメージ?
Photo_11

ベートーベンの顔といったら音楽室にあったあのむっとしたもじゃもじゃ頭のしか知らないから検索したらデスマスクがあって助かった!骨格がわかればいろんな向きからかけますもの。ラフ描いてみる
Photo_12
実際にいた人物の場合は良く調べる。
今までも仕事でピタゴラスだのセントニコラウスだの資料が無いのを描くのは大変だった~。
Photo_13
当時の服装や建物・・・課題は多い。
イラストレーターは物知りになっていく職業です。

お話にはベートーベンの友達も登場するんだけど、調べてもそんな人は見つからないから、フィクションかな、勝手に作っていいなら怒りっぽいベートーベンの逆な感じ・・・冷静?柔らかい?長身、細身、優男、ヘアスタイルもスッキリストレートだな。
Photo_14

まあ、小さい子向きの絵本だからこんな写実的には描かないけどね・・・

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

作っていくときが楽しい。

絵本得意なんだからもっとチャレンジしていこう。

Photo_16
猫の絵本が描きたいわ・・・
拡大してみて
ふかふかだから・・・(*^_^*)Photo_17









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

サンタガール

クリスマスの前に仕上げなきゃ

Photo
<スマイル サンタガール>

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

クリスマスらしいポインセチア、クリスマスリースに松ぼっくり、りんごや薔薇もかざって楽しく。
かみの毛はパーン☆とはじけるパーティーに使うクラッカーのイメージで。
最近ありえない巻き毛を描くのがマイブームです。
実物では作るのが大変だけど絵だとどんな風にでも出来るからいいね。
色鉛筆はふんわり描けるけど、色身を強く出すときはコピックもあわせる。

絵本作りの進行が急なのが入りました。
絵本だと小さな子が見るから、はっきりした色味を強調しなきゃ。
仕事の絵は公開したらだめだからさすがに。
絵本作りの話とかUPできたらいいな。
絵本製作の話だと興味あるよね。

Photo_2
にこーっと笑った笑顔、アムロちゃんをイメージしてたんだけど、描いているとだんだん八代亜季になっていきそうなのを軌道修正したら沢口靖子似に落ち着いたみたい。まあ、どっちに転んでも美人だからいいわ。

Photo_3
室内の自然光で撮影。明るさや明度など調整しないとちょっと暗いのです。

元気に年の瀬を乗り切っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

天使の絵現在と過去の絵

ふわふわの羽をかくのが気に入って天使を描きます。

Photo Photo_2
天使キッズ。左、ふんわり上手く撮影できたけど、鼻に何か影が写った。。。

天使は光をまとい輪郭は薄れて
やさしい表情は空気に溶け出してそこらじゅうに満ち溢れるのです

Photo
<花冠の少女天使>
絵で見るなら男の子より女の子の方がいいと要望が多いようなので描きました。
最新作。華やかで春のイメージになってしまいました。
クリスマスっぽいのが描きたいよねえ・・

前回、ヴァイオリンを奏でる美少年天使その2を描くといってたけど、まだ途中。
未完の美少年(一部分)です。
Photo_6
かみの毛の色はどうしようかな・・・

輪郭の線を描かないふわふわの羽の質感を表現できるようになりました。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

いままでの描いていた天使のイラストもたくさんあるのでどうぞご覧ください、

天使とダンス・・・朝の光が差し込んでくると天使は見えなくなっていきます
最後のダンスです
S
天使の体は鉛筆と深緑と紅色の色鉛筆で描いてます。向こう側がちょっと透けてる感じに・・・
↓地球を守る最後の天使
13
色鉛筆画 珍しくSF調
羽根は影や輪郭にグリーンとピンクで描いてたな・・・

↓2011年Vol.25のスモールS巻頭見開き
Sweettrap
で依頼されたイラストは忘れもしない
2011年3月11日の大地震のとに描いていした。
停電で石油ランプの明かりで描いたのです。
Photo_7
日本人顔のオサーン天使
Photo_8
↑アメリカンなオサーン天使

↓<君は薔薇より美しい>
Photo_3
タイトルは布施明の歌と同じ
布施明似の守護天使
Photo_4
このころはまだふんわりした描き方が出来ない・・・

↓<ジョイフル ジョイフル>
Photo_9
↓名刺にもした<空模様と天使>
Photo_10

↓クリスマスツリー
S_2
↑この絵柄のほうが長く描いているから慣れているから簡単なのです

Photo_2

↓<ハートを地上に>
Photo_11
↑小さい天使がいっぱい、ハートを地上にコレでもかと落としています。
↓光の天使たち
Photo_12

Photo_5

Photo_6
このころはマスキングして小さい天使をよく描いてました
Photo_13
<三日月と天使>
Photo_14
↑スクリーントーンを削っただけ
↓はがき絵でもよく作ってました
Photo_15
↑雲の上にいる初雪と天使
↓花のブランコに乗るかわいい天使
Photo_3_2
2012年
Photo_16
小さい子供の天使は良く描きました
Photo_2_2 

↑<一人じゃないよたくさんいるよ>

↓天使の歌声スーザン・ボイル
Photo_19
↑最初馬鹿にしてた審査員たちが表情変えていく

↓エンジェライトとストロベリークォーツ
Photo_17
↑持っている花がイチゴの花

↓幸福の王子

Photo_10

神様が「地上にある最も美しいモノを二つ持ってきなさい」といわれた天使。手にしているのは王子の溶かされた銅の塊とツバメの亡骸

↓一週間のお掃除天使
Photo_7

↓ザ・ドリフターズの荒井注さんといかりや長介さん
Photo_11
昔のギャグでありがちなスタイル。
死んだら羽と頭に光る輪っかをつけて天使になって雲のうえから地上を見ながら懐かしい話をしてる・・・

最近行き着いた技法は、意外にも時間もかからず楽なのです。
小さい子供の天使のほうがマスキングしなくちゃならないから時間かかる。
見た目じゃかかった時間とかわかりませんね。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

下書きのままで作品になってないみかんのものがいっぱいある・・・

Photo_8

Photo_9

天使はまだこれからも描きますよ。







 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

ヴァイオリンを奏でる美少年天使

美しい少年の天使を描きました。
この技法(前回のメイキングと同じ)は羽を描いたら合いそうだから
じゃ~~ん
Photo
<ヴァイオリンを奏でる美少年天使>

先週描いた「瞳は秋麗」よりもモチーフが多くて時間がかかります。
とくに羽根がふわふわフェザー感がいいのですheart02
Photo_2
ふわふわ
Photo_3
ハネが気に入ったので、また天使を描く準備しています。
美少年天使第二弾も対で演奏する感じ。
もうちょっと年下の男の子がいいな・・

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

次回は天使の特集でもやってみようかな。

天使は美しいし、幻想的だし・・・イラストが楽しいです。

この技法は硬いものやつやつやするものが上手く表現できないからバイオリンが手間取った。次はなるべく難しくないアングルで描く。
Photo_4
↑途中経過・・・・光が当たってる部分から立体感を出していく。

↓大きさはスケッチブックのF4サイズ・・・
Photo_5
ミケが小さいから絵が大きく見えるね。

Photo_6
花はビオラ 今の時期の花で一番かわいい

この少年の顔も、見方によって微笑んでいたり、生意気そうだったりやさしそうだったり照れていたり・・・いろんな風に見えます。

微妙な表情

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

瞳は秋麗 美女画イラストとメイキング

目力のある絵が描きたい・・・

いつもは美女を描いたらふんわりと描いていたんだけど、今回は急に目の強い美女が描きたくなりました。
もうクリスマスの絵もいいころあいだし、秋の絵もいいな・・・と思ってた割には、季節に関係なかった・・^^;
20161112<瞳は秋の色>

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村


絵画的な立体感がありますが、使用画材は(画材じゃないのもあるけど)
水彩紙(コーヒー・塩・絵の具)

砂消しゴム
色鉛筆
カッターナイフ

メイキング
紙はいつものように、多量に色をつけて作っておいたものから選んで・・・
紙から色をふき取ったりはがすことで絵を作っていきます。
20161112_2
砂けしでこそぎ落とすと白くなる。
実際の目に映るものはすべてが濃淡で出来ているから、絵も濃淡で立体感が出てくる。
20161112_3
このペンシル型の砂けしはもう売られてない・・・結構レアものなのね。。

20161112_4
ももいろ ちゃいろ こげちゃいろ うすべに しゅいろ あいいろ
親戚や知り合いが子供のころの色鉛筆をくれるので引き出しいっぱいある。
三菱の色鉛筆が多い。
20161112_5
これが美女になるんだ
20161112_6
片方だけメイクしてみました~^^
でも
自分の顔だと化粧してもぜんぜん美人にならない。不思議だ。
20161112_7
どんどん描いていく。慣れてる。
でも自分の顔のメイクだとぜんぜん・・(以下略)
20161112_8
途中経過
20161112_9
鼻が曲がってる、鼻筋じゃなく、鼻の穴の並びの傾き加減が・・・
色鉛筆や水彩のいいところは消して描きなおせるところだ。
20161112_10
大きさ比較
F4サイズです。ウメジロウが大きい?
20161112_11
デジカメで全部撮影してるんだけど、人を撮影するモードを選択して見たら、こんなに肌がきれいに撮影できてるの。
肌は色塗ってないのよ。影に色を加えてるだけ。
なのにこんなきれい。
20161112_12
もっと白くしたい、削る!
紙が丈夫だからこそ出来る荒業。
20161112_13
削るの疲れた。。。根性内からここまで。

絵画的に見えます。色鉛筆なのに油絵にも見えます。

コレをデジタルの加工、明るさやコントラスト、明度や彩度を調整すると
20161112_14
鮮やかになります
20161112_15
強い瞳が描きたかったからさくさくできました。

この技法は天使なんて描いたら合いそう。
羽描いてみたいな。。。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

ニワトリ手描き絵年賀状

年賀状作り、今回はニワトリ。
不幸が無かったことをお礼しながらニワトリの絵を描きました。
たくさんたくさんニワトリのラフを描いてこれはというものを仕上げます。
色でだいぶイメージが変わるのです、ここ大事だからもう一度
『絵は色が第一印象を左右します』・・・・実証はあとで見せします。

Photo
↑私の好きな藍色と朱色の2色色鉛筆の色
昔からあるノスタルジックで身近に感じる色

↓母にも毎年デザインしてあげてる。母の好みは大胆でカラフルで素人が十分出来るもの。ニワトリは派手な尾羽を強調して、珍しく一発で気に入ってもらえた。
Photo_2
粒粒のはラメ。きらきらします。
Photo_3

去年は猿の年賀状、販売したものはみんな売り切れました。
Photo_5
どうもありがとうございました。

ニワトリの年賀状・・・・
コレは弟が見て「金魚にしか見えない」といわれました・・↓
Photo_6
↑千代紙の模様もよくないわね~
で↓改訂版
Photo_7<A:見返りレグホン>
色柄が変わったらぐっとかっこよくなった。
コレが配色のトリック。
Photo_11
並べるとなかなか、絵本みたい。

昔の絵本のような雰囲気で・・・
Photo_8<B:親子>
ラメをたっぷりつけたからきれい。

Photo_9 <C:にわのとり>
シャビー感出したかったから、はげたような
ステンシル風に工夫している
Photo_10

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

猿年賀状を買っていただいた方がニワトリの年賀状もと要望があったので
ニワトリ年賀状プラスお人形年賀状を販売します。
メール(プロフィール内にあります)での注文を承ります

お人形の年賀状はえとじゃないから年賀じゃなくても使える
Photo_12<お人形>
一枚一枚手作りだから同じのはないの
Photo_13

セットは<ABC+お人形>の4枚です。
一枚だけでもOKです。


一枚200円送料別 注文締め切りは11月25日まで。(早期終了有り)
(プロの描いた原画ですよー印刷じゃないのよ。画稿でいったら通常の20分の1の値段なのです)おめでたいんです(^O^)/
















| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

創作のヒントは転がっていたりぶら下がっている

猫を描く絵描さん
マンハッタナーズの久下貴史さんの描かれる猫たちが愛情が見えるようで素敵。
大きな絵で100万円以上!?ブランド物もあるけどいちいち高いし・・・って
あー
そうだ
自分で描いてしまえばいいのよね。

私のうちににゃんこたちがいて、わたしは絵を描くんだから、そうすればいいのよね~~
実際のにゃん子達、何でかかなかったかというと
スケッチしてみると・・・・・動くんだよ、猫は。
Photo
そこに持ってきてミケの模様は複雑で、急げ急げと描いていると『何してるの~?』って起き上がってこっちにくる・・・。
そうだ簡単な白黒のチョビにしよう
Photo_2
じっとしているうちに何とか1~2分でスケッチ・・・効率悪い。

そうだ
写真に写ってるのならいっぱいある。それを見て描きましょう。
Photo_3
コンテパステルでウメジロウを描く

Photo_44
寝相の悪いチョビと迷惑そうなウメジロウを鉛筆で描く

Photo_5
ぴったりくっついたチョビとウメ

本当に描きたいのは鉛筆画じゃないの。コレは練習。

もっと自由に、楽しく・・・
Photo_6
(家のリフォーム中のある日、何かサイレンのような長い音が続いていて何の音だろうと思ったらミケだった。
ベランダで作業してるお兄さんの真っ向から窓一枚隔てて、ちっこい三毛猫がうなりながら警戒してました。大型犬なら迫力もあっただろうに、3キロの小さいミケじゃ・・・)
ミケちゃんの警戒音、そのイメージです。

画材がコピックと色鉛筆、すごく簡単に描ける。
ちがうな~もっと凝った感じにしたいな~
ウメジロウの色を絵の具で描くのって難しそうだ、ダンボールの地を生かしたらどうだろう
Photo_8
真っ赤なボードに貼り付けたり、外国の切手シールなどを張って・・・

Photo_9
この得意げな顔が好き^^

ダンボールとアクリル絵の具
コレを極めたいな
画材もいろんなのを使って、自由に気ままに・・・だって猫だもの

Photo_7
踊るチョビとミケ

Photo_10

方向はこういう感じかな。
猫を描く絵描さんはたくさんいる。
わたしは自分らしい描き方を見つけていこう。

描きたい物語があって、それに合う絵柄を探してるところ。
使う画材、
大きさ、
紙はダンボールってかさばるだろうし・・・
いろいろ試してます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ウメジロウは家の3代目の雄猫
はじめがトラジロウ その次がガジロウ
人見知りをまったくしない、始めてきた人のひざにも乗る。営業マンのかばんにも入る。
なのに抱っこは嫌いなデレツン。

ミケは本名がミケランジェラ その行動は予測が不可能 小さいのに度胸がある・・・けど掃除機が近づくと一目散に逃げる。

チョビはミケと姉妹。
本名がチョコビスケッツインホワイトクリーム
あだ名はチョビスケ 寝相が悪い
ネボスケで食いしん坊で生まれながらのコメディエンヌ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

さて
絵だけじゃなく工作もしています
ここでクイズです
Photo_11
【コレはいったい何になるでしょう】
コレは一部分に使用するものです。
Photo_12
大きさは、高さが5センチくらいです。
Photo_13
まだ途中。
コレだけで何か分かったら超能力
ユリ・ゲラーやユル・ブリンナーよりすごい!

ヒントはタイトルにもある。








| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

世界にひとつだけのSMAP

この前SMAPの似顔絵をUPしたときは、急いだので顔だけで仕上げましたが、
以前からすき歌「世界でひとつだけの花」を絵にしたいと思っていました。

私はとくにSMAPのファンと言うわけじゃない。歌だって5曲も知らないと思う・・・
なんか勝手に使われてるし
http://matome.naver.jp/odai/2146884247390749401

リアルな鉛筆画がいいか、シュールな雰囲気か水彩か・・・どんな画材でどんな表現にしようかと、イメージをいっぱい考えて、そして出来上がりました~
やっぱりペーパークラフトで^^
Photo
<世界にひとつだけのSMAP>

カテゴリはペーパークラフトと迷ったけど、似顔絵です。
Photo_3
草薙剛

Photo_4
木村拓哉

Photo_5
仲居正広

Photo_6
香取慎吾

Photo_7
稲垣吾郎

全体
Photo_2

斜め・・・・地にべったり付けるんじゃなく、浮かせた感じに仕上げました。
影がついて面白いでしょ
Photo_8

「世界にひとつだけの花」 いい歌、やっぱり牧原敬之の歌詞はいい。

Hungry Spiderが素敵で、以前にもイメージイラスト描きました↓

http://adiantamu.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/hungry-spider.html

Photo_10
<世界にひとつだけの花>

そういえば
Photo_9
牧原敬之さんは、似顔絵カテゴリの一発目に描いた。

http://adiantamu.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-028e.html

面白いことに、カメラで撮影するんだけど、コレ、ちゃんと顔認識されてた(^◇^)

今回はメイキングも入れよう
Photo_11
下書き これをトレスする。
本描きのペン入れは色鉛筆で↓
Photo_12
この色鉛筆すき^^2色使う。

実は、スマップのペーパークラフトははじめに作ったのはいまいちだった・・・
構成があかん!
Photo_13
背景が白いと面白くない・・・
自分らしくないと言うか、要するに失敗してるということ。
これは失敗作。
失敗は次はこうしようという方向がはっきりわかってくるチャンス。

~おまけ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
落書きで似顔絵を描くのは面白い
Photo_14

体操やストレッチしてると猫は乗ってきます。

酔拳のジャッキー・チェン

あ、なんか今回はおっさんばっかり描いてるわね。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

日本ブログ村ランクインしました。

                                              

 

どうもありがとうございます。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

絵本を作る~子供のころの夢が現実になる

四月後半から絵本作りをして、絵が仕上がりました。
イラストレーターとして、話に合わせた絵を描くという仕事はありましたが
作画全部、ページ数も自分で決めることは初めて。新人絵本作家です


今回はメイキングなど
どんな工程だったかと完成品も一部公開します

絵本といっても、紙の本じゃなくネット配信されるものなので、スマホでも見やすいように(大きな紙の絵本なら小さく描こうが緻密に描こうが仕掛けがあったりでいいんだけどね、スマホのちっこい画面じゃそんなの観にくいからね)考えて、すごく単純なものにします。

絵本作りがはじめてなので、画面から絵がどう見えるかとか、ネットの絵でもトンボが必要、とかいろいろ教えてもらう。
向学のために実際に絵本を買ってみる。ネットと違いは、ページの進行や文字の入り方など、当たり前のものがない。

・絵とお話し(文章)のラフを作る。31ページ分絵が必要だとわかりました。
・紙の大きさを決める。絵は単純だし、大きくないほうが仕上げが楽。

Photoコピー用紙に絵と文を描く
『ネーム』
そのシーンのイメージに合う色の紙を決める。
Photo_231枚分、
描き始める
気に入らなかったら作りなおせばいいし、さっさと進行していきたい
Photo_3
このお話の随所に出てくるのが「ブラックベリー」
ちょうど近所にある。6月、まだ熟していないまさにこの時期のブラックベリーを描いています
Photo_4
ブラックベリーも調べてみると種類がいっぱいある。
絵描きは描くのに間違いのないようにいろいろ調べるから物知りになるよ。

工作もちょっとだしたいから、厚紙にマスキングテープ貼ったおうちをつくってみた。
アナログならではの楽しみ。
1ページ目
最初、描いてる途中、↓
Photo_5
仕上がったら、明るさやコントラストや彩度を上げて
こうなる↓
Photo_6

トンボでカットしてみるとこう(実際にUPされるレイアウト)↓
Photo_7

このお話は動物ばかりでてくる、子猫たちが主人公。
近いので言ったらピーターラビットのお話しみたいな感じ。
ただあの作者はウサギやネズミ描くのはかわいいのに、猫がなんかかわいくなかったんだよね・・・
動物は子猫がかわいくて好き。
ひらひらしたフリルも花も・・・好きなものばかり描こう。自由だから。
Photo_8
子猫4きょうだい
Photo_9

季節は6月、花もこの時期の花
真ん中に描いたヒメジョオン、↓これがないと画面が散漫になってひきしまらない。
Photo_10
もともとの紙にはこんなに描いてるよ
Photo_11
なるべく大きく見せたいから、切ったの。

このお話のカギはブルーベリーとカゴと黒猫
Photo_12
ピエロみたいなエリが好き。バレリーナのチュチュのような感じ。

Photo_13
野原の花、植物も。
昔飼っていたトラジロウが小さかったころ、部屋にあった大きなフェニックスにのぼってこんなに高く登れたぞという感じで木につかまってたのが、子猫がヤシの実みたいに見えてかわいかった・・・その思い出も絵にできた。
Photo_14
ストーリーは無料配信になってからのお楽しみ~

【お話づくりや絵を描くのは子供のころからやり続けてました】
小3のころノートに絵とお話しを付けてました。
3_2
ちゃんと色があって、いろんなシーン、必ずこの4匹の猫姉妹で。
ノートに十数冊分ありました。
3

ノートによくある水性のマーカー。
子どもはあまり画材を知らない。
3_3

時が流れても
90年代にも猫のお話を描きたかったんだけど・・・・
Photo_16
このころはおもに線画
イメージは絵本らしくない・・・
Photo_17
描くことはできるのに画材の生かし方あまり知らないからやりたい表現ができない。。。。

でもこのブログをやり始めて、初めは輪郭線でかく描き方だったのを、輪郭線なしで、水彩絵の具のにじみや塩の技法を工夫できるようになってから、思い通りの表現ができるようになりました
Photo_19
色とりどりの森の木々・赤ずきん

Photo_12
薔薇


Photo_18
雪 ハムスターの橇とハリネズミのサンタ

Photo_21
ウサギとカメ

ピエロの服の眠い子猫
Photo_20

やさしい、ふわ~とした表現、きれいな色・・・
これが出したかったんだ。
これで動物の絵本の絵が描きたいって、やっと望みがかないました。

絵本はスマホで見られることくらいしか知らないので、
配信日がわかったらまたお知らせします。
無料なので多くの人が見てくれるといいな。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

6月19日、日本ブログ村記事ランキングにランクインしていました

どうもありがとうございます(^O^)/

 






| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

セルフポートレートと理想と現実

鉛筆で描く人物画、
写真みたいな絵は写真を見て描く。
写真みたいにするには根性がいる。
イメージの余地がないし色もないから退屈してしまう、根性なしなのであんまり写真みたいにはならない・・・

Photo
<セルフポートレート。鉛筆画>

デジタル加工してみる↓
Holga
光が当たってるみたいで立体感が出てよく見えるね

さらに色を変えて・・・↓
Photo_2
あーこんな色にしたい
自分の髪の毛だ、そこに髪があるなら好きな色にしてみよう。
ワイン色というか・・・赤みがかった紫パンジーの色やブルーベリージャムのこんな色が理想↓
Photo_4
Photo_3

美容院に行きました。

髪に色を付けるには、元の色を脱色する必要がある。

で、金髪・・・ていうかおつまみに出るエイヒレみたいな色に。
もっと白いアタリメくらいの色にしたかったんだけど、白にブリーチするには一日じゃ無理だって・・・
2016517
(↑色加工はしてないけど、ソフトフォーカスなので、実力以上に見えます)

ここに紫、赤、ピンクの色を混ぜて髪に塗り、時間を待って洗って・・・というところで
お寿司屋さんのラストオーダーの時間がもう迫ってるということで、タオル巻いて帽子かぶって途中でみんなでお寿司食べに行きました。

帰ってから洗ったり乾かしたりカットして出来上がったのが
こうなった↓
Photo_5
あれー?

色が全然違う・・・

黄色い色にワインレッド系を足したらまあ、濁ったブラウン系の色になるわな・・・
紙のほうが扱いやすい罠・・・

現実は出ない色だったけど、絵で描いてたらいいや。
Photo_6
サイケデリックなイラストが描きたくなった。
BGMはザ・ショッキング・ブルーの「ヴィーナス」♪

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

4月の後半からメルヘンチックな絵本の絵を描いてます。
めちゃくちゃふんわりかわいい猫の絵ばかり描いてるから、違うイメージのが描きたくなってきてます。
これはためしに一番初めに描いたもの↓
Photo_8
本番はもっとかわいいですから。
絵本が配信は無料になるので、できあがったらブログでお知らせします。



















| | コメント (2) | トラックバック (0)

«SMAP似顔絵(修正)