« 色いろいろのこと | トップページ | ガラリと雰囲気を変えまして »

2010年11月15日 (月)

昭和ミステリー

_0003s 〈K・I監督作品のオマージュ〉

〈使用画材:コピック 135kg上質紙)

市川こん(昆の字の上に山、この字が変換できない!!)監督作品の金田一耕介シリーズは大好き!特に『犬神家(変換すると犬が三毛になる!!)の一族』が映像、モチーフ何度見ても飽きません。戦後すぐの日本家屋、大きな古い屋敷、民間伝承、陰惨な事件(K・I監督作品は大袈裟な血しぶきが特徴だな)・・・・何もかも暗いレトロカラーな中で、女性の着物は鮮やかで目を引きます。

イラストは5つの事件のモチーフです、わかりますか?

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ    ←ランキング参加しています、ここをクリックしていただけるだけでOKです^^

|

« 色いろいろのこと | トップページ | ガラリと雰囲気を変えまして »

イラスト」カテゴリの記事

コメント

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね(*^_^*)

投稿: 池袋@美容室 | 2010年11月15日 (月) 22時03分

池袋@美容室様

(*゚▽゚)ノはじめまして。ありがとう^^
コメントいただくと、なんかすごくやりがいがあると言うか、嬉しいです。

投稿: あぢあんたむ | 2010年11月15日 (月) 22時28分

う、うーん…。大好きなのにいろいろ忘れてるー(泣)
うーん…

3羽の雀→悪魔の手鞠唄

3つの俳句→獄門島……、あ、いや悪霊島かな。テーマ曲がビートルズのレットイットビーのヤツ。……あ、うー、やっぱ「鵺の鳴く夜は恐ろしい」のほうかなー

「こゆびを………咬んだの……」→八墓村

赤い毛糸→女王蜂

懐中時計と女性と血みどろの菊 → あー、これが一番わからん……(泣泣)
犬神家かなー。たしか菊人形が出てたよねー。でも懐中時計なんてあったっけ? 
真珠郎じゃないし、悪魔が来りて笛を吹くでもないし……そもそもこのへんは市川崑作品にはなってない……かな?
あーあれは? 
父親の犯した殺人事件のせいで、イジメをうけて村から去って行った親娘が、有名歌手になって戻ってきたことから始まる事件のヤツ。昔、百恵ちゃん主演でテレビドラマやってなかったっけか?
うーん。わからんー。降参デス。

投稿: KIKKO | 2010年11月16日 (火) 00時12分

KIKKO様
( ̄ー ̄)ニヤリ
一番上は野々宮珠世さん。登場人物紹介;http://gamepukka.com/guide/g124_inugamike/in07-chara.html
ゴム仮面男が本当の助清かどうか奉納手形(お寺に出兵前の手形があると助言したのも珠世)と比べ指紋から同一人物とわかる、が、『この懐中時計、戦争中に停まってしまいました。コレを直せるのは助清さんしかいないとお待ちしていました。』と、仮面男(このときは青沼静馬)に時計を渡す。まんまと静間の指紋がついているんですな~~。実際は時計は松子婦人が偶然拾って煙草入れにしまいっぱだったんです
『あたしは、指紋とか事件のことは何も知りません、偶然この時計が落ちていたから拾ってしまっておいただけです。』
獄門等は「きちがいじゃがしかたない」の和尚のセリフあるね。キチガイ三姉妹の雪ちゃん(鐘の下敷き)月ちゃん(離れの部屋で萩の花にまみれて)花ちゃん(梅ノ木に逆さづり)で発見される。イラストで着物の柄に生かしているよ。

八墓村、よくわかったねー

投稿: あぢあんたむ | 2010年11月16日 (火) 00時40分

小学生のころ、八墓村ごっこして遊んだじゃん。
息も絶え絶えなところをガッと抱き起こされて一言。「小指を……咬んだの……」ガクッ。
で、なにげに集まった人々の中で唯一、小指にけがをしていた人が犯人、と。

投稿: KIKKO | 2010年11月16日 (火) 09時58分

KIKKO様
うん、なつかしい~。あれは真似が一番簡単だからなあ・・・・生首を菊人形と摩り替えたり水中から足だけ出したり・・・はねえ・・・。
あ、洗顔の泡だらけの顔で「母さん・・・僕だよ・・・・助清だよ・・・・」ってやったな・・・シャメでおくったあれで・・・。

投稿: あぢあんたむ | 2010年11月16日 (火) 15時15分

洗顔フォームで真っ白の顔面で、無表情に
「…………ぁ……」と、顔ナシの真似をしたら娘に号泣されました。

うちの旦那の実家は、瀬戸内海に浮かぶ人口30人くらいの小さな小島。フェリーで帰るたびに
「鵺の鳴く夜は……おそろ……しぃ…」とつぶやいています。すると小さな寂れた桟橋では逆さ吊りされたボロボロのミッキーマウスや首だけになって目玉も片方抜けてしまっている謎の金髪人形が出迎えてくれます。 3~4体ぶら下がっていて、ものすっごく不気味。
昔っからあるそうですが、あれがなんなのか、何かの呪いなのか、誰がやっているのか、旦那にもわからないそうです。

投稿: KIKKO | 2010年11月17日 (水) 11時19分

KIKKO様
ヒィー(((゚Д゚)))怖いなー;人形は夜外にあるのは怖いね・・・・・。
ちょうど次の絵は「人形博物館」ってテーマなんだよ~人形の検索してたら気味が悪くなったよ。怖い人形ってハンパじゃなく怖いよ。怖い人形は描かないけど。物語形式にするつもりで4枚描く予定。
絵はものじゃなく「雰囲気」が大事だから、それが表現できたらいいな。

投稿: あぢあんたむ | 2010年11月17日 (水) 18時17分

お人形の絵? それは楽しみ。
怖くないやつね(笑)
時期的に「くるみ割り人形」とか? まさか昭和史ミステリーつながりで今度は乱歩とか? って、怖いじゃんそれじゃあ。

たぶん昭和史ミステリーとは、がらりと雰囲気を変えてくるのでしょうね。素敵な絵物語を期待していま~す。

投稿: KIKKO | 2010年11月18日 (木) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409038/37682317

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和ミステリー:

« 色いろいろのこと | トップページ | ガラリと雰囲気を変えまして »