« 秋になると果物たちはうっとりと色づいていくらしい | トップページ | 昭和ミステリー »

2010年11月 9日 (火)

色いろいろのこと

Kopperia 〈コッペリア〉

〈使用画材:コピック、コピックマルチライナー(赤)、蛍光カラーボールペン、135kg上質紙)

バレエ「コッペリア」より。着物に凝っていて色を試行錯誤していたころの作品。

すとーりーは、人形師に作られたコッペリアを人間と思い巻き起こるどたばた劇・・・・って要約しすぎ・・・。

お姫様シリーズを描いていたころ、もっと配色を工夫したいと配色事典などを参考にしてみた絵。

色数をメイン6色にしてみた。でも実はまだこのときは大事なものを見つけていない事典じゃ見つからなかったのだ。

自分で配色に決着が付けられるようになったのが当イラストギャラリー5のマッシュルームの時から。配色のヒントになったのはマリー・ローランサンの絵画。やさしい、でもかわいいだけの色じゃない、大人っぽいアンニュイな・・・・私には無かった配色の要素・・・それは「グレー」でした。〈ローランサンの絵とは言われたってさっぱり似ていないでしょうけど〉

グレーなんて地味、と思っていたのに、あっちもこっちも多用すると地味どころかすっかり落ち着くじゃあ~りませんか!?濁色を混合すると、小学生の図画工作みたいな雰囲気が一気に落ち着いたこだわりのある雰囲気になるんですね~。上の絵ではまだソレに気づいてないんですよ。こんな簡単なことだったのに~。

色は絵の第一印象だから目に入ったら思考をすっとばして右脳(感動する心)に届くモノだと思ってます、どうでしょうか?いい気持ちにしてくれるのもおちつかないのも色が関係してるかも。

報告:多くの人が見に来てくださいました。

イラストブログ村の記事ランキングで『秋になると~』がオリジナルイラスト17位アナログイラスト1位になりました(瞬間的なんだけど、・・・・・)

ランクとか関係なく、私は絵の師もライバルもいないから、自分が厳しいのです。ビシ!スグレタモノヲカキナサイ!!

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ    ←ランキング参加しています、ここをクリックしていただけるだけでOKです^^

|

« 秋になると果物たちはうっとりと色づいていくらしい | トップページ | 昭和ミステリー »

イラスト」カテゴリの記事

コメント

はじめまして^^
クオリティすっごいですね~ブックマークしちゃいました^^
ココログは持ってないのですがランキングサイトから飛んできました。

これからもイラストみていろいろ勉強させていただきますo(*⌒―⌒*)o

投稿: LOVE JETs | 2010年11月 9日 (火) 10時00分

LOVE JETs様
はじめまして。
ココログってやっぱりマイナーかな?^^ブックマークまでしてもらって有難うございます。
これからものんびりつきあってやってくださいね。

投稿: あぢあんたむ | 2010年11月 9日 (火) 14時33分

ああ、なるほど。確かにいつもの、よく言えば「明るく」「カッキリとしていて」「華やか」。悪く言えば「小学生の図画」(言っとくけど、私はそんな風に思ったことはないからね!)とは雰囲気が違う。
 もちろん、いつものにぎやかな色合いも嫌いじゃないし、あなたカラーだと思っていたけど、こういうのも良いね。

 色に関しては、試行錯誤しているなとは前々から思っていた。テーマカラーとかポイントカラーとか「ぬき」とか意識していたみたいだし。
 それから確かに「マッシュルーム」の色合いで「ん? なんかいつもと印象が違うな」とは思った。「なんだか、あんまりうるさくいな」って。あ~ゴメン。悪い意味じゃないんだ。なんていうんだろ。……あ~…、なんかね。「マッシュルーム」の時はね、あの幕末、明治のころの白黒写真に色を彩色した画像ってあるじゃん。妙~な色気のあるヤツ。と、古いヨーロッパの映画。それから、ジョニー・デップのチョコレート工場の映画。あれを思い出しました。
 
 でも、「絵」そのものには「天使とダンス」とか「木星とアンドロイド天使(勝手にあだ名つけてスマン)」のほうが印象に残ったよ。なんでだろうとずっと思っていたんだけど、たぶん、主線が少ないからかな…。あなたの絵は隙間なくカッチリと線で囲ってから色を置いているから、どんなに色に凝っても、下手すると「ぬりえ」みたく感じてしまうんだよね。イヤイヤ、それがダメッていうんじゃないのよ。むしろカッキリ描き切ることはすごいと思っているのよ。

 今度は主線を淡いグレーとか水色、茶色とかで描いてみたらどうだろう。
 私も経験あるけど、また絵の印象がグッと変わるよ。

投稿: KIKKO | 2010年11月11日 (木) 11時03分

KIKKO様

どもども(◎´∀`)ノ「あなた」は呼び(書き)にくくない?他人ではなし。呼び名は「びっち」でいーよ。本名の略称だから。昔はKIKKOも「ろりん」つけて呼んだこともあったね。

主線は目立たせたくない時はちょくちょくぬいたり色を変えたりはしてたけどね、かぐや姫の輪郭は青線、迷いの森の女の子はグレー・・・・でも目とかが黒だから、そこも色で描いたら印象かなり変わってただろうね。こういう色つきの絵柄描くのって実はやっと一年くらいだからまだ初心者レベル・・・・とは違うけどまあ変わっていくでしょう。
いま、以前描きかけの絵をリニューアルしてる。色を変えたり、大きさを変えたり、切り貼りしてる。
テーマはKIKKOも好きなやつです、ふふふ・・・。(今からは線の色は変えられないけど)( ̄ー ̄)ニヤリ


投稿: あぢあんたむ | 2010年11月11日 (木) 14時36分

「びっち」はマズかろうがよ「びっち」は…。そうね、じゃあ、ちゃんとペンネームで「あじあんたむ」って呼ぶかな。そのうち「あじあん」とか、「あじっち」とか適当に省略するかも。けど、本名わかっている分、そのほうが呼びづらいよ(笑)。

 主線の工夫は、うん。していたことはわかっていたんだけどね。自分の絵をPCに取りこんだときに、色調・彩度の調整で主線の変更だけであまりにも印象が変わるのが面白くて、10とおりくらい作ったことがあったもんで。
 あじっちは、完全アナログ派じゃん? でも「木星とアンドロイド天使」で彩度を調整してたじゃん? それで、こんな「遊び」も面白いよってことで。

 でもね。漫画家の竹宮恵子さんはご自分の原画展に出品するイラストを、PCで着色した後、自分の思うような色でプリントされるまで、何百通り(!)も調整してはプリント、を繰り返したんだって。
 あのね、PCの画面上の色とインクジェットプリンター、カラーカンプ用のコピー機、トナー式のプリンタ、そして印刷機。これ、すべて微妙に色が違って印刷されてしまうんだよね。紙によっても、全然違ってしまう!
  だから画面上で「よし!」と思っても、いざ出力してみると、「全然色が違う~!」てこともよくある。私がまだデザイン事務所で仕事していたころ、ピザのトマトソースの赤色を画面とプリントしたものを同じ色に調節するためだけに徹夜になったこともあるんだよ。「赤が同じになったら今度は緑が腐ったような色になった~(泣)」とか言ってね。
 今はプリンターに自動調節機能が付いているみたいだけど、私は、本気で画像加工する時やPCイラストを作る時はわざとその機能をオフにしています。だって自宅のプリンターで自動調整されてプリントされたものは印刷屋さんでプリントされたものとは違ってしまうんだもん。
  で、さきほどの竹宮恵子さんは、苦労して色調調節したカラーイラストの調整した設定数値を、「コレ!」と思うものが出力された時点で、数値のデータを消去してしまうんだって。つまり、同じ色合いの絵は二度と出力できないってわけ。まあ、その日の気温や湿度によっても色ってのは変わるし、確率的にいっても、まったく同じ色はもう無理でしょうね。
 そのエピソードを漫画で読んだときに、うわ~プロってすごい…。と、ただただ恐れ入ってしまいました。

 私はPCイラストというのは、どうしてもアナログ仕事よりも一段下に見ていたんだけど(自分がこってりPCに頼っているくせにね) アナログだろうかデジタルだろうが、自分の作品に対するスタンスの差が人をプロになさしめるのかなぁ、と思いました。

 しまった。語りまくっちった(ハズカシー) じゃっ、今日はこの辺でッ! バッハハーイ!

投稿: KIKKO | 2010年11月12日 (金) 11時01分

あ、ゴメン。
「あじあんたむ」じゃなくて「あぢあんたむ」だった。
超失礼。ご無礼。ゴメンナサイ。

投稿: KIKKO | 2010年11月12日 (金) 11時12分

KIKKO
(。>0<。)「びっち」にして~。
PCもいじりこなせるまでがかなりストレスになりそうだなあ・・・・。買うと場所もとるしね・・・。

絵できた。作品と言うよりも『絵』の寄せ書きふう?切り抜き風?レイアウトいまいち!!

投稿: あぢあんたむ | 2010年11月12日 (金) 15時17分

ブログのランキングおめでとうございます
ブログにランキングってあるんですね
初めて知った~

紫、藤色、そして江戸紫・・・
東京スカイツリーのライトの色に使われるのは江戸紫みたいですよ~

私も色が好きです
色ではないのですが、黄昏が終わり空と地上が薄い水色に一体化する時があるんです
薄明、と呼ぶらしいのですが・・・
この薄明時は好きです
まるで水槽の中にいるような、そんな錯覚を覚えます

ついに色の手帖を買いました
前から欲しかったけれど3千円って高いし・・・(笑)
でもようやく購入しました
色の手帖を見てるとなぜか心が落ち着くんです
理由はわかんないです・・・

投稿: スワロフスキー | 2010年11月13日 (土) 01時36分

スワロフスキー様

美しいものって大抵「色」が印象的ですよね^^
虹、ステンドグラス、花火、宝石、花屋やケーキ屋さんのショーケース・・・みんな綺麗な色でわくわくしませんか?空の色で、日が沈む空のオレンジ闇の紫その間のなんともいえないピンクがほんのわずかに出る、そして雲のふちが金色になる瞬間が空の色の最高傑作なんじゃないかと思います。
私は虹が好きだからブログ村のバナーも虹なんです( ^ω^ )好きな石はレインボームーンストーン。
何色・・といえない月のような色石に虹が入ってる、名前も気に入っています。

 

投稿: あぢあんたむ | 2010年11月13日 (土) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409038/37591325

この記事へのトラックバック一覧です: 色いろいろのこと:

« 秋になると果物たちはうっとりと色づいていくらしい | トップページ | 昭和ミステリー »