« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月25日 (水)

秋花の四行詩

秋の季節の花と 花言葉を絡めた

イラストと四行の詩を作りました

【ダリア】 花言葉:不安定 移り気
2013
    あなたがいなくても

    何度も秋が来る

    ありがとう

    忘れずに咲いてくれて

【ヘブンリーブルー(空色朝顔)】 花言葉:愛着
2013_2
    ヘブンリーブルー天国の青

    秋の空青く高く

    あの日々の思い出も涙も

    全て吸い込んで私を楽にしてください

【ルドベキア】  花言葉:正義 公平
2013_4
    正義と公平を重んじる人に

    ちょっと心に留めておいて

    ときには優しさの方が

    真実より価値があるということ

【クジャクソウ】 花言葉:一目惚れ
2013_5
    一目見た時からもう

    目が離せない

    小さな花は一気に咲いた

    広がる広がる何か世界

【チョコレートコスモス】 花言葉:恋の終わり
2013_6
    素敵な思い出でいたいから

    甘いチョコレートのフレグランス

    宇宙から見ればちっぽけなこと

    恋の終わりも恋の思いでも

【ペンタス】  
2013_8
    地上に落ちた流れ星は

    星の花ペンタス

    願いはかなうかしら

    花言葉は「希望は実現する」

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ダリアは春から秋まで花期の長い花です。

ヘブンリーブルーは見た目真っ青な朝顔ですが、冬も色あせず咲いているからまるで作り物のようです

ルドベキアは見た目は小さなヒマワリのような、キバナコスモスのような丈夫な花。

クジャクソウの花はたくさん集まって咲く、茎はとても背が高くなります。

チョコレートコスモスはチョコレートの香りがする小ぶりな花。

ペンタスは別名が「エジプトの星の群れ」というロマンチックな名前があります。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

太陽と三日月

本当は9月の16日にUPしたかった。
知らない人に知って欲しい、日本とトルコの友情の実話。

その日はエルトゥールル号の事故のあった日・・・
遠くトルコから軍艦エルトゥールル号に、トルコの皇族も乗って
明治天皇に謁見し、帰ろうとしたその日・・・

それは1890年(明治23年)9月16日
神戸港からトルコに帰るのは台風がやんでからにといわれたであろう、
なのに船を出してしまい、海難事故になった。
船は沈む、
嵐の海を灯台の光だけを頼りに泳ぎがけをよじ登って・・・

Photo
樫野村灯台の燈台守二人の前に、始めてみる異国の
怪我だらけの男がいきなり現れる。
海難事故とすぐに分かり、しかし言葉が通じず、
その男の指す国旗は、トルコ・・・・。

半農半漁の貧しい村に次々怪我をした異国の男が海から来る。
村人は崖にしがみつくもの、寒さに震えるものを励まし助け、
お寺に連れて行き、食事や着物をかき集めて与えた。

台風のため漁にも畑にも出られないため村の食料は家族の分しかなかった。
それでも、遠い異国から言葉も分からぬところにいて、仲間も多く失った、この人達を思えばなんとしてでも助けてやろう。
自分たちの分も与えてやろう。

村で時を告げるため各家庭にいる、最後の最後に食べる非常食のニワトリを
食べさせた。

愛知県知事から明治天皇にこのことは伝わり、天皇は即医者と看護婦を集め、
生存者達を神戸の施設に移した。
新聞により全国から義捐金が集まり
皇族がたからは新しい服やめずらしいお菓子などが届けられた。

69人は、日本の軍艦、比叡と金剛でトルコまで送られた。

・・・・・・・かいつまんでこういうことがありました。
今はネットでもっと色々わかるでしょう。
トルコはこのことは教科書にも載せていたし、世界一の親日国です。
でも、私もこんなことがあったなんて長い間知らなかったし、出会った数人の20~30代の人も知らなかったので、この話は絶対に描いてみたいと思ったのでした。

その95年後、イラン・イラク戦争でのエピソードが「エルトゥールル号」と言う恩返しの意味を知ることになったのです。

Photo_2
テレビで、サダム・フセインがとんでもない発表をしました。
48時間後にイランの上空を通過する飛行機はなんでも撃ち落とすと。

イランにいる外国人は脱出のため空港はごった返し、でも欧州の飛行機は日本人を乗せてくれません。
日本の対応は遅れ、もう飛行機は出せません。時間がありません。

イランに住んでいた日本企業の家族達は誰も助けに来ない空港で途方にくれたでしょう。

トルコならと助けを求めると、オザル首相はすぐにOK。
パイロットたちの誰かメへラバートまでいってくれないか?
その場にいたパイロット全員が自分が行くと手を上げたそうです。

イラン国内は・・・

関係ないけど、イランの国土って猫の形をしている(ホントに関係ない)

トルコ人が600人以上もいたのに、トルコ航空は日本人を助けるために2機飛ばしたんです。(600人は陸路で脱出したそうです。地続きだもんね・・・)

どうして日本人を優先してこんな冒したのか危険を、日本人には分かりませんでした。

それでトルコの売名行為だとかお金目当てだとか(日本はバブルだった)、心無い人は言いました

オザル首相は「私たちは、エルトゥールル号の恩返しをしただけです。」

トルコが日本を好きな理由はもっとあって、それは日露戦争を調べると分かります。
勝ち進む日本のニュースをトルコ民は自分の国のことのように喜びわいて、
ロシア最後の切り札バルチック艦隊VS海軍大将東郷平八郎率いる日本海軍で、圧勝したら、
その年生まれた子どもには「トーゴー」という名前が流行ったそうです・・・
トルコ人名的にトーゴーはアリなのか?(DQNネームじゃないことを祈る・・・。。

私は歴史はサッパリです
でも
Photo_3
絵を描くのに、どんな人物でどんな顔しているかはしっかり知っておかなきゃ
Photo_4
検索画像を見てスケッチ(関係ないのも描いてあるけど)
明治天皇がメチャ描き易い!どこもかしこも特徴的。
東郷さんは映画俳優のよう。(失礼か!?)

Photo_6
↑意外なことも知る。(いや、昔アニメの「マンガはじめて物語」で「肉じゃが」の回でこれ見た記憶があるような・・・モグタン・・・)
東郷さんがビーフシチューを食べたくならなかったら・・・料理人にリクエストしなかったら・・・今、日本には肉じゃがが生まれていなかったことになりますね・・・・。

↓政治家は特徴のある顔してるから、シルエットでもわかる?

Photo_5

ノートのラクガキでした^^;失礼しました~~。
(感動の実話のはずが・・・;)

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

まさか私がフセインを描くとはネエ・・・

Tesekkur  ederim  Turkey

   テシュッキル・エーデリム

トルコ語で 「ありがとうトルコ」   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

小さい秋散歩

散歩にカメラを持って行こう、どんな秋が見つかるだろう~?

Photo
<萩>
いきなり萩の花を発見~。きれいだ~^^

萩の花と言うと私はすぐに横溝正史の【獄門島】を思い出します・・・
Photo_2
<月ちゃん・・・見立て殺人>

Photo_4
↑去年も撮影した紫の花。全くキレイなんだけどなんて名前なんだかいまだ不明・・・

Photo_5
↑コスモスはこの色が好き

Photo_7
いつもの坂を下っていく。山は緑。足元にどんぐり。

Photo_8
↑ちょっとだけ紅葉
子供たちの声がやかましい、、、どうも学校でキャンプに来ているみたい。

Photo_9
車もいっぱい止まっていて釣りする人、バーベキューする人もちらほら。
木曜日なんだけどな。。。

日が差して暑くなってきました。

Photo_10
自販機がいっぱい、よかった、何か買おう。
以前、低血糖?かなにかで全然歩けなくなったことがあって、
ジュースでも飴でも必要なんだって思った。

ああ、若い子よりもオバサンの飴所持率が高いのも転ばぬ先の杖みたいなもんだな。

Photo_11
古民家の前の橋
水が流れてキレイ、きもちいい~♪
Photo_12
さてこの辺でぽかりスウェットのもう。
水に入って家族が遊んでいます。

Photo_13
<サルスベリ満載の階段>
来る時は坂を下りてきたけど、帰りは階段登っていく。きつい

Photo_14
向こうも逆の方もみんなサルスベリ

Photo_15
手すりから

人がいっぱいいても自然の方が大きい・・・

Photo_16
あ、ムラサキシキブ見つけた
Photo_17
まだまだ薄い色。
秋は木の実や草の実が色づいて素敵なんだよね。
↓コレは先週別の場所で撮影したノブドウ

Photo_18
色がドンドン変化していくよ~^^
Photo_19
葉っぱの形には何種類かある。桑の葉や朝顔もそうだよね。

Photo_3
<ノブドウと小さい妖精>

のんびり1時間の散歩でした。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

たくさん絵で語る

今回はブログに乗ってない歴史・・・絵がたくさんです。

~それは誰かを喜ばせる~

小さい頃は紙がおもちゃだった。
まだ字がうまくかけないのでおばあちゃんに絵を描いた。
喜んでもらいたい・・・描いたのはお寿司、スパゲティ、ラーメン・・・他にも美味しそうなのを画用紙1枚に1品ずつ。遠くにいるおばあちゃんから届いた返事は
『ごちそうさまでした おなかがいっぱいになりました』

高校生の頃、近所の大学の学際で知り合った人に頼まれた。
先輩の結婚式のパンフみたいな、新郎新婦の似顔絵や趣味や特技や馴れ初めのインタビュー記事を挿絵と字を(この時代はPCは無い)描いてくれと。
Photo <一部分
お駄賃は1か月分のお小遣いと同じ額で頂いて、しばらくしたら、なんとこのお二人が大きな菓子折り持ってうちにたずねててきたのです!ビックリ。

Photo_2 <課題で模写
大きなケント紙に丸ペン画。(コピー機に入らずに切れました^^;)
模写って答え見ながらクイズやってるみたいで工夫する楽しさがない。

物語を考えたりして・・・(ピーターラビットみたいなホノボノしたの・・・)

Photo_3
Photo_4
Photo_5 <91年なんだな
Photo_6
輪郭線の無い描き方を模索中。
スケッチブックに色鉛筆で描いています。
Photo_7 <最初に飼ったネコトラジロウ
トラジロウ子ねこ時代
Photo_20
スケッチ
Photo_21
Photo_8
3
Photo_9 <ボールペンと色鉛筆

~自分の色を探す~

Photo_10 <試す
↑ケント紙に水性のマーカーは最悪!ムラとテカリ。
Photo_11 <ポスカ
Photo_12 <95年ごろ
色数の少ないポスカはグラデーションできない代わりに、大胆なセパレーションに合う。
Photo_13
Photo_14 <カラートーン
↑パッキリした色ならカラートーン・・・面倒なので途中で止めてるしw
Photo_15 コピックでラクガキ
普段から作品といかないものをいっぱい描いて練習している・・・

~趣味で漫画を描いて売る~

Photo_26 <どたばた劇

Photo_16
流行に一切関係ない絵柄・・・・でも売れた・・・

~感じたまま・・・・~

Photo_17 <訃報
ダイアナ妃が・・・・

~地域のお役に~

Photo_18 <99年

~仕事も楽しいよ~

Photo_19 <5,6年生向き
仕事だとクオリティがちがいます!w
漫画、クイズ、仕事事態が楽しいことだった
Photo_22
Photo_23
↓バレンタイン号
Photo_24

~憧れは亜土ちゃん~

Photo_30
↑水森亜土さんの絵は年齢や時代を突き抜けて愛される。
色もその辺のマーカーとかだし。ってこんなんじゃ二番煎じね。

ああ、柔らかくてキュートできれいな色の絵がかけるようになりたい。。。

   

~感じたまま描く~

Photo_25<ドスコイ警備保障
小説なんか読むとそのシーンの絵柄や人物が浮かびます。
面白いシーンだったからちゃちゃっと描いてみたw

オサーン描くの好きなんダ☆

~震災の時も~

Photo_31 <スモールS見開き
はじめて「趣味で投稿」をした雑誌。
スモールエス№25で見開きページの依頼が来ました。
あの震災の停電中、石油ランプの灯りで描いてた。
デジタルじゃない強みがここで出たな。
原画が無いから本を撮影する。
Photo_32 <おっさん
私はおっさん描くのが好きだったので、少年少女ファンタジーのいっぱい詰まったスモールSだとなんか浮くw
依頼の時相手からの要望はたったコレだけ『少年少女を描いてください』
wwwwww描いたよwwww
スイートだよ。ラブなメッセージの天使とイチゴの妖精だよ。
レースにケーキにお花で乙女チックなモチーフでも、白黒グレーの無彩色+赤でクールに引き締めてる(クールな配色のって私には珍しいのだ)
趣味で投稿してたのに仕事になっちゃうと・・・なんか違っちゃうな・・・

~現在進行中~

Photo_33 <途中・アップ
シンデレラと王子様のダンスシーン・・・

ずっとずっと何十年も探していた自分の色見つけたよ~。

それは綺麗でなロマンチックな魔法みたいな色・・・・

小さかったころおばあちゃんがかってくれた色鉛筆、オレンジ色でナポリタンを描いた。
お寿司のイクラも、肌色でしょうがも・・・色鉛筆はいつも身近だった。

色鉛筆がやっぱりあってたみたい。
今もそばに。

そして色鉛筆は亜土ちゃんグッズのコップに立てている。
あこがれもいつまでもそばに。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »