« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年3月

2017年3月24日 (金)

絵本が出来た・かみのいろのこと

店頭に置かれない本なんですよ。
幼稚園などに置かれて先生が読んであげる絵本です。

Photo
背表紙(表4)です

昔から虎がいきなり出てくる絵本が好きだったなあ
『ちびくろさんぼ』『おちゃのじかんにきたトラ』
子供のときに描いた絵↓
4
なんでトラが4匹?って思ってたけど、本を読み直したらちゃんと4匹だった。

↓これは今回絵本になった
Photo_2
見開きにいきなりトラ。

最初のページ、女の子は何枚か描きなおしたなあ
Photo_3

あんまり描きこまない方が絵本になったときに見栄えがする・・・
絵本になったときにいろいろ課題が見える。
いろえんぴつとアクリル絵の具はくっきりはっきりして発色のいい画材だ。
なのに水彩絵の具・・・こいつがいまいち綺麗に出ない。
この次の課題・・・絵の具のにじみばかり多用しないこと。
色鉛筆をもっと使おう。

絵本の最後のページがお話に無関係な諺と歌の見開きページ↓Photo_4
コピックは使い慣れてるから発色もこうとわかる。
人物やっぱり得意だな。ずっと学習誌系で仕事してるから親子世代は描きなれてる。
このぺーじの構成は変えられないから、空きスペースに入るくらいのイラストを描くから、断ち切りや配置はデザイナーさんに任せる。
Photo_5
諺は決まっていて、絵をどうするかで、いろんなパターンのラフ描いた。
「人は見掛けに依らぬもの」は
・瓦割をする女の子
・達筆な書を書く外国人の子供
・死亡遊戯のヌンチャク持ったおばあちゃん
・・・で決まったのは『ラブリーなエプロンでお菓子作りをするマッチョな男性』

犬派の人は上のカットを見ると「待て」をしてると思うらしい。
ちがうよ
猫は「飯早く出せや」って目で訴えてるんだよ。犬みたいに待ってないんだよ。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

髪が伸びました。

近況は髪の色について。

くせっ毛で縦ロールに近づきます。金髪が似合ってしまう

黒髪が致命的に似合わない。

2017316

これに対して「日本人に黒髪の似合わない人はいない」という意見があるんだけど、其の理由が「黒髪が似合わない」と同じ理由だからおかしい。

日本人は基はみんな原始人のころ、縄文人やら弥生人だから余すことなく黒髪の人種。
・・・だから日本人は黒髪が似合わないことが無いと言うが
だから似合わないのだ、

だって黒髪だと原始人(縄文人)になるから。

肌の色がオークル(強い黄み)で、髪の毛が多くてクセがあるボリュームのある髪・・これで黒髪だとほんとポリネシア系の現地人のような、要するに原始人系。

野暮ったい、垢抜けない。

こういうタイプが茶髪にするとぱーっと垢抜ける。

あとは「病気っぽく見える」青白い系の肌。
こういう人が黒髪だと病んでるみたい。不健康に見える。

わたしは病んだ縄文人になってしまっうから黒髪が鬼門。

2017316s

4月になったら美容院いこう・・・なんか髪の色がまだらだ・・・




| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »