« 2017年11月 | トップページ | 2018年3月 »

2017年12月

2017年12月30日 (土)

手書き年賀状2018デザイン

干支の犬は柴犬を描きました。
Photo
ポッチャリモフモフして、にっこりしたかわいい柴犬

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

Photo_2
千代紙は和紙なのでちぎって使うと味がある。
Photo_3
和の雰囲気とカラフルさが簡単に出せていい。
Photo_4
一枚一枚,みんな手書きの直筆だから同じのが無い。
7日をすぎると52円だったはがきが62円じゃないと出せなくなるよ~~~

2018年もよろしくお願いします。
それでは良いお年を。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

クリスマスのイラストできた

Photo
〈ポインセチアと聖母子〉

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村


クリスマスらしいものでよくポインセチアを描きます。
ポインセチアが好きなので何とか育ててみたいのだけどことごとく失敗。ポインセチアはメキシコ産で15度以下なんて寒くて10度になったらかれちゃうし、12時間以上真っ暗にしてないと赤くならないという育てるには難しい植物だ・・・コレは絵に描いたほうがいいわよね。

本来クリスマスはキリストの誕生日なんだから、クリスマスの基本でいきましょう。
キリストの誕生とか聖母子とか
星に導かれてやってくる3人の博士とか羊飼い、馬小屋・・
モチーフはいろいろ思い浮かぶ。

エルサレム、当然ポインセチアなんて無いけど絵だから自由。
エルサレムについても調べてみる。
最低気温は12月でも5度以上はある。
息が白く見えるのは13度くらい。エルサレムでも息は白くなるんだな?
2000年以上も前のことは調べようが無い、マリア様の髪型なんて知りようが無い。
でもなによりも
聖母子などに描かれてるあかちゃんのイエスはどれもこれもかわいくない・・・

かわいい赤ちゃんがいいよねえ
Photo_2
消せる色鉛筆は描きはじめにすごく役に立つ。
はじめはユリを描いたんだけど、あとから消した。

Photo_3
ふんわり柔らかい雰囲気もいいんだけど、
ポインセチアの花言葉は「聖夜」
夜らしく描きたいし、厳かで陰影をドラマチックに見せたい。
Photo_4
コレで出来上がり
写真で撮っただけだと、実際のものよりも色がくすんで鮮やかさがかすんでいるので、色の調整をします。
Photo_5
いつもは明るく調整してるけど、これじゃ夜の雰囲気が無くなった・・・

Photo_6
いろいろやってみた。厳かな感じにはなったけど見づらくない?
Photo_7
サインを忘れて宝書き加えて出来上がり。

ポインセチアの鮮やかな赤や、くっきりした青いベールの糸は色鉛筆のプリズマカラーがいい仕事してくれました。
三菱だとこんなに赤くならない。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

出来た絵本が届きました・感想

絵本作りは大変時間がかかるもの。
ちゃんと本になって嬉しい~~
タイトルのデザインも、すごくよく考えてくれたんだなあ。
デザイナーさんありがとうございますばっちり素敵です。
Photo

私は絵を描くだけ描いて、トンボ(絵本になるサイズに測って入れるマーク)もろくに描いてないんだけど、向こうは本作りのプロだから、さすが~。私の絵は紙がぼさぼさでゴミがつきやすいから作るほうの人は大変だったろうなあ、お疲れ様です・・。
Photo_2
私の絵柄,こういう絵を描く人がいそうでいない。
時代やターゲットの年齢や流行に左右されないのが強み。

Photo

小さい男の子って、女の子が主人公だったり表紙がお姫様だと照れてしまうのか男らしくないと思うのか、読みたがらない傾向があるんだって。

女の子にはそういうのは無い。

だから、小さい子向きの絵j本は熊だの猫だの動物が主人公なのが多い。
表紙で大きな熊がいるのは男の子のことも配慮したから。

二人の女の子の位置は、横文字のタイトル「雪バラと紅バラ」という並びにあうように。
たまに人物位置と名前の位置が違うのがあって混乱したことがあるから、こういうの気をつけてる。

Photo_3
お話の文が入るとほんとに絵が引き立つ。
短い文章だから絵が多くを語る。
Photo_4
絵本の世界 

植物の参考に、散歩しながらたくさんの雑草たちを見て頭に入れた。

Photo_5
動物が登場する時、本にはただ大きな魚とか大きな鳥としか描かれてないから、種類はわからない、こっちに任せられてる。この舞台となった土地も定かじゃないから、まさかアマゾン川にしか生息しない生き物だとか、固有主を描くのは無しだろうな・・・・ってありがちな鯉にした。想像上の生き物だって別にかまわないんだけど。この世界の説得力を見せることが大事。

編集室にお子さんが来て刷り上った絵本をキラキラした目で読んでましたってメールをいただきました。
そうだ
Photo_6
幼稚園くらいのころに、グリム童話でこのお話を読んだことがあって、挿絵自体は好きじゃなかったんだけど、最後の結婚のシーンで,二人がとても立派なドレスだかベール高を階段に広げた様子が絵がかれててそれがきれいだったの覚えてる。
キレイなドレスは子供のころひきつけられた。
大人になってそれを描くなんて。
Photo_7
もっと絵本描きたいな。

「森は生きている」とか「真夏の世の夢」が描いてみたいな・・たくさんの妖精が出てきて面白そう。

絵本作ることが決まったらお声かけてください。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

この絵本の購入方法は:

絵本は一般の書店に出ないので、こちらに問い合わせてみてください。
↓発行所です

合同会社 子供教育出版
〒270-1143
千葉県我孫子市天王台1-20-9
天王台中村ビル5F

そうそう
こういう絵本作る時などは「あじあんたむ」じゃなく(これはHNだから)
免許証にある本名にしてる。なぜかっつーと
Photo_8
生命判断やったらこの大吉大大吉ばかりなのがすごく縁起よさそうだから!
景気良い名前だ~^^本名。
【他のサイトでやったら違う結果になる、そんなのいいほうを全面的にプッシュするに決まってるー】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

人種テストというのをやってみる

顔の写真で人種が診断できるというサイト
これ
http://kairos.com/diversity-recognition

自分の顔でテストしてみたよ~~~


実力以上に美人に写ったもので

Photo
アジア46 ホワイト37 ヒスパニックもあるし渾然としてるね・・
色白に写ったら白人なのかな?モノクロ写真だったりサングラスしてたらどうだー!
Photo_2
あら、圧倒的ホワイト?どういう基準なんだ?
じゃあ変顔してるのはどうなる?
Photo_3
ホワイト要素強し。こんなのでも診断が出来るなら
イラストだったらどうなのよ?
Photo_4
この人は完全に白人なのね~

Photo_5
ヒスパニック要素強いと思ったんだけどなあ
Photo_6
え、この人も?
Photo_7
白人要素が強いのね~
Photo_8

絵でも診断が出来るとわかりました。
ちゃんと絵を描く時には人種がわかりやすく描かなきゃいけないことがあるし、気をつけなきゃな。
今、聖母子の絵を描いているけど、イスラエルだとかエジプトだとかあっち系の顔立ちを調べつつ骨格の特長なんかを書くようにしてる・・・。。。

絵でも診断できるっておもしろ~。名画でもやってみたいな。。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年3月 »