« 人種テストというのをやってみる | トップページ | クリスマスのイラストできた »

2017年12月 5日 (火)

出来た絵本が届きました・感想

絵本作りは大変時間がかかるもの。
ちゃんと本になって嬉しい~~
タイトルのデザインも、すごくよく考えてくれたんだなあ。
デザイナーさんありがとうございますばっちり素敵です。
Photo

私は絵を描くだけ描いて、トンボ(絵本になるサイズに測って入れるマーク)もろくに描いてないんだけど、向こうは本作りのプロだから、さすが~。私の絵は紙がぼさぼさでゴミがつきやすいから作るほうの人は大変だったろうなあ、お疲れ様です・・。
Photo_2
私の絵柄,こういう絵を描く人がいそうでいない。
時代やターゲットの年齢や流行に左右されないのが強み。

Photo

小さい男の子って、女の子が主人公だったり表紙がお姫様だと照れてしまうのか男らしくないと思うのか、読みたがらない傾向があるんだって。

女の子にはそういうのは無い。

だから、小さい子向きの絵j本は熊だの猫だの動物が主人公なのが多い。
表紙で大きな熊がいるのは男の子のことも配慮したから。

二人の女の子の位置は、横文字のタイトル「雪バラと紅バラ」という並びにあうように。
たまに人物位置と名前の位置が違うのがあって混乱したことがあるから、こういうの気をつけてる。

Photo_3
お話の文が入るとほんとに絵が引き立つ。
短い文章だから絵が多くを語る。
Photo_4
絵本の世界 

植物の参考に、散歩しながらたくさんの雑草たちを見て頭に入れた。

Photo_5
動物が登場する時、本にはただ大きな魚とか大きな鳥としか描かれてないから、種類はわからない、こっちに任せられてる。この舞台となった土地も定かじゃないから、まさかアマゾン川にしか生息しない生き物だとか、固有主を描くのは無しだろうな・・・・ってありがちな鯉にした。想像上の生き物だって別にかまわないんだけど。この世界の説得力を見せることが大事。

編集室にお子さんが来て刷り上った絵本をキラキラした目で読んでましたってメールをいただきました。
そうだ
Photo_6
幼稚園くらいのころに、グリム童話でこのお話を読んだことがあって、挿絵自体は好きじゃなかったんだけど、最後の結婚のシーンで,二人がとても立派なドレスだかベール高を階段に広げた様子が絵がかれててそれがきれいだったの覚えてる。
キレイなドレスは子供のころひきつけられた。
大人になってそれを描くなんて。
Photo_7
もっと絵本描きたいな。

「森は生きている」とか「真夏の世の夢」が描いてみたいな・・たくさんの妖精が出てきて面白そう。

絵本作ることが決まったらお声かけてください。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

この絵本の購入方法は:

絵本は一般の書店に出ないので、こちらに問い合わせてみてください。
↓発行所です

合同会社 子供教育出版
〒270-1143
千葉県我孫子市天王台1-20-9
天王台中村ビル5F

そうそう
こういう絵本作る時などは「あじあんたむ」じゃなく(これはHNだから)
免許証にある本名にしてる。なぜかっつーと
Photo_8
生命判断やったらこの大吉大大吉ばかりなのがすごく縁起よさそうだから!
景気良い名前だ~^^本名。
【他のサイトでやったら違う結果になる、そんなのいいほうを全面的にプッシュするに決まってるー】

|

« 人種テストというのをやってみる | トップページ | クリスマスのイラストできた »

近況日記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!めーっちゃ素敵な絵にすっかり魅せられてしまいました♡うっとりです!

投稿: たこ | 2017年12月21日 (木) 23時13分

>たこさま

はじめまして(*^_^*)
嬉しいお言葉ありがとうございます。

描くのがゆっくりペースなので、お暇な時に、過去に描いたものなど暇つぶしに見てくださいませ。

投稿: あぢあんたむ | 2017年12月22日 (金) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409038/72381848

この記事へのトラックバック一覧です: 出来た絵本が届きました・感想:

« 人種テストというのをやってみる | トップページ | クリスマスのイラストできた »