メイキング

裏側の話

2017年8月29日 (火)

「雪ばらと紅ばら」描きました

Photo

Photo_2

Photo_3

こんなふうに、見開きを1枚に描く。
文字が入る・・・文字のほうが優先になる絵本なので、絵は中心だけくっきりさせるかんじ。
輪郭線はじめなかったんだけど、メリハリ出したほうがよく見えるので後から書き加えました。

P10_2
Photo_5

S

Photo_6

29日に配送すれば納期に間に合う☆

物語を何にするか白紙からのスタートでしたが、全体が自分のやりたい放題に出来ました。
物語は、グリムのお話だと余計な部分はすっぱりなくし、あいまいでわかりにくいところなどは詳しく、わかりやすい話に作ってあります。

さて一段落つきました。

絵本になるとどんな風に見えるでしょうか。

てか
この出版社さん、日本画を描く方にまで絵本作成をお願いしてるからそっちを見て見たいわ!!古事記をテーマにしてるっていうから興味アルアル!

さあ、8月中にやらないといけないことがある!
のんびりなんてしていられません。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

絵本作成ラストスパート修羅しゅしゅしゅ!

今月は断捨離、オークション出品、梱包の箱や袋でと部屋がごちゃごちゃでカオス。
捨てるものの、色画用紙やダンボール、マルチカバーやタオルなどが梱包に使えるから無駄が無くて一石二鳥だった。
そのうちみんな無くなってスッキリするんだ。

8月ももうすぐ終わってしまう。
夏休みの宿題なら9月に提出すればいい、が、契約書読んでみたら納品が8月31日だった!
あらら~発送にかかる時間なんかも考えたらまったく今やばいんですけど・・・(^_^;)
一枚がまだ未完成。
でもできる。
なぜなら今までいつも何度でも修羅場をくぐってきたベテランだから!
(関係ないけど、オカルト系?私は「阿修羅」の生まれ変わりだって「見える人」に言われたことがある・・・でも別の見える人には宇宙外生命体だったといわれたし、証拠が無いことは同とでも法螺ふけるものだな。阿修羅なら修羅道の達人(人なのか?)にちがいない。)

「雪ばらと紅ばら」イラスト絵本作成中・・・本になるのは何ヶ月も先になる。
まだ直す部分があるけど、ドレス素敵。
Photo
巨大な宝石がなんともうらやましい・・・ゴージャス姉妹。
ドレス描くのが3歳のころから好きだったから、自由に描けて嬉しい。
ポロポロこぼれる小さな薔薇の白いドレスはエメラルドとダイヤのブローチ。
薔薇モチーフの黒い刺繍が大胆な赤いドレスは、心臓より大きなハートのルビーのペンダント。
Photo_2
ラストシーンのイラストです。見開きで、左右のページにドレスが広がります。
このグリムのお話は暗い部分の無い珍しいほうのお話です。

このお話は、小人のひげをはさみで切る場面が好きです。
S
私は遠くにお城が見えるように描きました。絵は文字になっていないいろんなことを伝えます。
二人の性格などについても文字にはかかれていない、でも、どんな性格の子なのか、書き分けています。
紅ばらは表情が豊かです。雪ばらは物静かでもしっかりしています。
P10
Photo_3

まだ出来てないのが一枚
Photo_4

早く仕上げて、「トネガワ」の黒服たちを自分絵で描いて見たいわ。趣味で。
乙女チックの反動でおっさんが書きたくなる。ざわ・・・
甘いモノを食べたらしょっぱいものが欲しくなるのと同じ。
福本作品の絵柄の人物を骨格をちゃんと立体的に実際の人物風に書いてみたいの。
チームトネガワ・・・ああ、早く描きたいから早く仕上げよう。
いやその前にも描きたいものがある・・・
ほんとに阿修羅みたいに腕がいくつも欲しいよ・・・・でも肩こりは半端じゃなさそうだわね。。。。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

王子様~横顔からにじみ出るイケメンっぷり

絵本に登場する王子様です。

描きあげたばかりの絵本の一部分
P15
悪い小人にかけられた魔法が解けて熊の姿からきらめく衣装のハンサムな青年の姿に変わった瞬間
Up
イケメンであっても、チャラチャラしてたりワルっぽかったりなんてしない、高貴で爽やかであること。
絵本を見た幼女が素敵な王子だな~と思ってくれるように、その子のお母さんにも、幼稚園お先生たちにも、そう思われるように。。。

主役の女の子
P14
P
一反逃げようとしたんだけど、いきなり光り輝く美男子が現れたのでびっくり!

王子といったらシンデレラの王子様↓
Photo

そういえば王子様って、童話では名前さえも出ないんだね・・・

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

絵本は幼稚園などに置かれる本になるので、普通の本みたいに本屋では購入できません、でも出版社に問い合わせたら販売してもらえるそうです。
絵本になるのはまだ先ですが、興味がある方、購入したい方はコメントかプロフ内の連絡先かニコッとタウン、どこかにコンタクトしていただけたらお返事します。

7月24日の日本ブログ村

記事ランキングでアナログイラスト1位になりました

ありがとうございます(^o^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

こんな風に仕事してます3トレース

大きいトレース台を買いました。

昔、一番初めに使っていたものはオール木製で、色ガラスが二枚使われてて、中は普通の蛍光管。
とても大きくて重くて立派なものでした。
昔のトレース台はほんとに大きかった。

二番目のは、金属とプラスチックのボックス型。
蛍光管です。

3番目のはやっとLED~感動の薄さ。
値段はB$サイズで2万円くらいしました。
昔のLEDトレース台は値段が高かったなあ。

近頃じゃトレース台は薄い明るい種類が豊富でなんと言っても値段が安い!

A3サイズよりもずっと大きいの。
Photo

前回色をつけた紙の裏に下絵をずれないようにテープで貼り付けてトレース台にのせて下から光を当てるのです。

明かりをつけていないときはこう↓
Photo_3
3段階の明るさ調整ができる。
1段回め↓・・・一番明るくない奴でも十分見える
Photo_2
熊が家の中に入ってくるシーンです
2↓
Photo_4
3↓一番明るい
Photo_5
撮影するとそんなに違いが無いんだけど、肉眼で見るとはっきり違ってる。
さあ、これで作業がはかどるわ。
トレース台は作業に絶対必要なものだから、二台あると安心。
ケーブルの接触不良で光らないときがあったりしたから、一台じゃ不安だったのよ。

この本が11月号で、最後の見開きページは歌が入ります。
秋らしく「里の秋」・・これって戦後間もない背景だから、主人公の子供は遠い戦地に行っているお父さんのことをおもい、お父さんの笑顔を思い出している・・・そのラフを描いたら
『哀しくて泣いてしまいます』と言うことでお父さんなし、里の風景をカラフルに描いてみました。
Photo_6
木や家のデザイン画は大好き。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

こん風に仕事してます2水張り

絵本の見開きがA3サイズだからといっても絵を描く紙はA3じゃない。
それより一回り大きい紙に描くので、F8サイズの水彩紙を使う。
ブロックタイプ(周りがのりで貼ってあって水張りの必要が無い)でも大きいサイズの紙だと水張りしないとかなりぶよ~んとしなってしまう。
水張りテープは持っていたからあとは適当な板が必要。
・水でぬらしてもしならない、適度な厚みがあること。
・使用する紙のサイズよりもテープ貼る分、大きいこと。

板なんてよく捨てられてるんだからわざわざ買うのやだな結構高いから、どっか捨てられていそう、大きさは45㎝×34㎝で、暑さは9ミリ。、テープがくっ付くように化粧合板じゃなくてあと二枚分あったら作業がはかどる・・・・といつも考えていてふと見たらまさに望むとおりの板がゴミ置き場にあったから拾ってきたわよ!タイミングもばっちり。コレが引き寄せの法則なのね!?すごいわ。

さて、ほとんどの人には知っておいてもしょうもない水張りのやり方。

1、水張りテープ自体は水にぬれないように、一番初めに貼る部分の長さにあわせてカットしておく。
2、バケツに水、刷毛、水にぬれてもいい作業台に用意。
3、使う紙は裏表がわかるようにしておく
Photo
最初に表側をびしょびしょにする〈刷毛で水を塗る)
ひっくり返して裏もびしょびしょにする
Photo_2
しばらくそのまま置く。干ししいたけを水で戻すみたいに、紙に水を充分吸わせておく。
乾いたらだめなので、乾きそうならこまめにぬらしておく。
Photo_3
板を置く
紙のほうが板より大きい場合は紙を織り込んで裏にテープを貼る。
短いほうを先に。
Photo_4
カットしておいたテープをぬらす。びしょびしょだと貼ってもずれてしまうから、ぬらしすぎないこと。
Photo_5
紙に先にくっつけておいて、板に貼り付ける
Photo_6
テープの長さは重ならないように短いの。

Photo_7
次に長いほう。
ラッピングみたいに折る
Photo_8

Photo_9
先に張ったテープが短く、あとからのテープは長く。
水張り完了。
Photo_10
あとは、どこにも触れないように、表を上にして乾かす。

作業環境
Photo_11
乾いたら、板に付いたままの紙に絵の具でいろをつけます。
水でびっしょりぬらして色をおいて、塩をまくいつもの技法です。
下絵を横に置いて見ながら、シーンに合う色、配置を考えて一枚一枚つくっていきます。
Photo_12

Photo_13

Photo_14

絵の具が乾くまで置いておく。
塩の乾き具合を調整するのにドライヤーを使います。

乾いたら、使用する大きさに紙をカットします
Photo_15
この工程は私の独特なやりかたで、普通の絵を描く人と順序が逆になります。
普通は線画が先で色塗りが後ですが、私は色を置くのが先。
この後の作業はトレース台を使います。

水彩絵の具は修正がきかないと一般では思われてるけど、水拭きで汚れを落とすように絵の具は落とせるし、砂消しゴムでもこそぎ落とせるのです。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村




 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

こんな風に仕事してます1絵本のラフ

グリムの「しらゆきとばらべに」
私が描きたいと電話であらすじなどを教えたのがきっかけで描くことに。

グリムの話では、余計な部分が多いからどんどん取っ払い、物語の日本人にはよく分かりにくい説明が無い部分は子供にもわかるように書き加え、20ページの短いお話に仕立てられる。

このお話で多くの日本人読者に謎に思えてるところ
『王子を熊に変えられるほどの魔法が使える小人が、最後あっさりとやられてしまうのはなぜか』
これの答えが「ひげを短く切られたから魔力が弱くなった」この小人のひげのことはグリム童話には本文書かれてないから、私が希望していれてもらいました。
西洋では、かみの毛やひげなどにその人の力が溜め込まれているっていうのが暗黙の了解みたい。そういう伝説だとか神話が結構あるから。

絵を描く側から困ってしまうことは二人の年齢に関することがグリムの文に一切かかれてないことだったんだけど、今回『数年後に結婚しました』っと言う文を加えたおかげで、子供らしい二人の設定に出来ました。

絵本の文章は短い。
だから絵が文章以上の情報を伝える。
そこは私にまかされるところ。
ひらめきは瞬時にいくらでも浮かぶ。きちんと決めなきゃ。

 『昔、とても仲の良い姉妹とお母さんが暮らす、小さな家がありました。
 庭に、白いばらと赤いばらの木があって、姉妹は雪ばら、紅ばらと呼ばれていました。』

この文が見開きの右側に入る。
見開き2ページ分を一枚の紙に描くのです。
出来上がり本はA4サイズだから見開きはA3。
でもラフは描きやすく小さく描く。

場所もわかるようにしたいな。森のそば。
Photo
うーん、始まりだから二人の顔がはっきり見えるのがいいかなあ。
Photo_3
全身がいいかなあ
Photo_4
家の形が見えるのがいいなあ
Photo_5
生活してる感じ、働いてるところとかがいいなあ
Photo_6
これで行くか?
Photo_7
んー、待てよこの次のページは真冬なんだよな・・せめて秋っぽくしよう
秋の木苺をつんでるところししよう。
Photo_8
コレが下絵になりました。下絵は実寸サイズのA3の紙に描きます。
全体に絵を大きく入れるよりも出版社の好みは絵は小さく、ちろげてないほうがいいそうです。文字重視なのです。

私は小人が木にひげを挟まれてるところが好きです。

小人はすごく性格悪そうな顔で。女の子のけなげさが出ます。
ラフではこう
Photo_9
ラフを修正して
下絵になったのはこう
Photo_10
見開きの左右量端に文章が入るから、それが見やすいように。

担当さんに「イケメンっぷりがいいですね」と高評価の王子のラフ
見ただけで王子だとわかるために冠は必須。
Photo_11
下絵はこうなって、色をつけるとさらにイケメンになってますよ。
Photo_12

6月にすべての下絵がOKになり、7月8月は製作期間です。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村
作業工程や下絵から色をつける段階も公開します。
今回はココまで。

絵本の絵は流行に関係なく、そしてファンシーじゃないのがいいんです。
絵で間違った思い込みをしてしまうことがあるから。
絵本のチビクロサンボは誰が見てもアフリカ人、と思うんですが虎が出てきます、虎はアフリカにはいません、インドなんです。
そう、ホントはサンボはインドの少年。
絵のせいでアレがインドだと気付かないのです。かわいく好きな絵なんですが。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

キャラ製作・自己流

グリム童話の「Snow white & Rose red」

Photo

イメージカラーが赤と白、王子と結婚するくらいなので気立ても品格も良い娘。

主人公の女の子は【庭にある赤と白の二本のバラの木のよう】【ばらべには外で走り回ったり蝶を追いかけるのが好きで、それに比べて少しおとなしい雪白は家で本を読んだりお母さんのお手伝いをする】見た目、容姿などについての明記がないので、良く考えて、見た人が納得いく二人の容姿を作っていきます。

絵本の絵柄は写実的に描かれた人物が好き。断然。
ペンで輪郭線が描かれてるの嫌い。
色塗り画材は何でもありで、ざっくざっくした筆致が見えるものが大好き
画材の見せ方が好きなのは・・・
アクリル絵の具やコラージュなど荒井良二さん、
ミスタードーナツの絵で有名になって若くしてなくなられたパステルワークのペーター佐藤さん、
油絵もコラージュも大きさも何でもありの猫の絵を描くマンハッタナーズで有名な久下貴史さん・・・
写実的で絵柄がすきなのは水彩、油絵、チャコールペンシルのジェシー・ウィルコックス・スミスさん
総合で一番すきなのがオイルパステルを使うクリスチャン・バーミンガムさん
みんな明るい絵を描く人たち。

私はマット水彩での塩技法とコピックと色鉛筆を使う。みんな身近な画材。

二人の女の子、下絵
Photo_2
下絵があっても、今までの経験から、仕上がると別人になることがわかる
トレースする。

Photo_3
塩技法で作っておいた水彩紙、色をふき取ったり消していくとき
いつも思うのが頭蓋骨に肉付けする「複顔」。
骨格を意識して、高い部分は光が当たるから白くする、そうやってると立体感が出てくる。
Photo_4

Photo_5

Photo_6
コピックで肌に薄い色をつける
三菱の色鉛筆は常に活躍します
Photo_7
バラも輪郭なし
ざくざくと色をのせる。
Photo_8

Photo_9
白いバラは描いてない。色を削り落としている。
この絵の具のにじみは印刷だとそれほど綺麗に出ないようなので、この絵の具のにじみばかりに頼らない描き方をしなくちゃ。
Photo_10
もうちょっと・・・

本にするならモーっトしっかり色をつけて細部も書き込むけど、今回はこのくらいでいいわ。

Photo_13

明るさ、コントラスト、彩度、明度を全体に上げて調整した↓

Photo_14

華やかなばらべに
清らかなゆきしろ
キャラクターはこんな雰囲気・・・

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ

にほんブログ村

Photo_17

ホワイトを足して、すこしエッジを強調

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

絵本の絵を描くのはたやすいが

ベートーベンの絵本「月光の曲」の絵のリメイクする話は去年から出ていて、そのまますんなりいってれば今頃はもう色も塗っているところだったんだけど、出版するほうの何やかやで「月光の曲」の本作りは消えた・・・ってことでゼロスタートになった・・・と聞いたのが3月。

ゼロにはなったけど、スタートはする。別の話を大急ぎで探してるとのことで、わたしからも是非と薦めたのが「ゆきしろ ばらべに」のおはなし。
担当の人はこの童話を知らないらしいので、電話口でストーリーを教えて・・・
そして、おとといこの話(タイトルは「雪バラ紅バラ」にするみたい)で決まったそう。

昨日早速イメージを落書きしてみた
Photo_3
物語を読んでも、この女の子たちの外見的な特徴がなにも明記されてない・・・
年齢も髪の色もなにも・・・
Photo_4
このお話の面白胃い重要なエピソードはひげの長い悪い小人とのからみ。
Photo_5
二人の年齢設定は14歳くらい【白雪姫がその年齢だから)にしてるんだけど。
キッズじゃないし、大人じゃない、微妙なあたり。
Photo_6

6頭身くらいが見やすいな

髪型を同じにしてみたらどうでしょう?

色で判別だな。

金髪のお下げかわいいなあ。

Photo_8

王子は「美男子」とあるけど、何歳くらいなんだろう・・
王子様には都合よく弟もいて、都合よく姉妹とW結婚する。
Photo_7
王子様だとか、あんまりハンサムな青年を描くことってあまりないなそういえば。
ちなみに、PCでイケメンとか美少年って検索してみると、なんだか精神を病んでるみたいな不健康そうな男性が多いね・・・できるだけかかわりたくないって思うような外見だわ・・・。。

月光の曲、とりあえずイメージラフは先にいろいろ描いておいたんだけど
ポシャ。
Photo

2

3

4

なんであっても、童話に出てくる女の子の服装が不自然だったりかわいくなかったら許せません。絵本なのにしまむらやドンキのコスプレ衣装みたいのだとがっかりです。

絵本作家でものすごくステキなデザインを描くのがカイ・ニールセン。
ハリー・クラークも。
ジョン・オースティンやビアズリーなどはもう話しよりもデザインにうっとり。
すべて子供向きじゃない絵柄なんだけど・・。

こだわって描きたいなあ。

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村





| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

おめでたい攻殻機動隊

いつもと違う描き方、サイズ、画材を使って描いてみます。
たまには普段と違うこともやってみます。



何を描くかっていうと・・・・
わたしはアニメの攻殻機動隊が好きで再放送繰り返し観ていたから、ハリウッドの実写映画の事を聞いてわくわくしていたんです。
先月描いた北野武さん・・・
Photo_2

絵はアニメの絵柄で、公安9課のメンバーを描きたい。
このメンバー7人で、紅一点だし、アレっきゃないでしょ!
おめでたいの大好きだから七福神!
みんなジャンプしてるのがいいな・・・
わたしは構図を作る前に一人ひとりにポーズさせて、そのあとでレイアウトを作っていく・・・
Photo_3<ラフ
服なんて、神様に決まりは無いからそれっぽくなればいい。。
弁才天は少佐。
体が大きいボマーは毘沙門天か布袋・・・あ、毘沙門天はバドーさん。
恵比寿はつり名人だからヒットマンのサイトーさんで・・・
ひげのあるイシカワさんは福禄寿か寿老人で・・・
Photo_4
大きさはコピー機で好きなサイズに出来るから、とりあえず、描きやすい紙に配置させる。
ななめの構図で流れと動きを。
Photo_5
いったん綺麗な一本の線で見やすくするためペン入れして、コピーとる。
コレが下絵
Photo_6
パズを年寄り役にすると違和感あった。。。現役の年寄りが9課にいるじゃないの!

Photo_7
パズさん、鹿。
バチの持ち方も、三味線のように小指を入れたもち方じゃないのね、持ち方を修正。
琵琶は本物を見たことがないからまったくわからないので調べる。

Photo_8

大きな紙で板に水張りしてみる・・・水に反らないように9ミリのベニヤ板を購入して、自分でのこぎりでカットした板、ふき取ったら雑巾がすごい汚れるから、紙を貼る前に良く洗った。
Photo_9
下絵をトレースする。鉛筆トレースなので薄い。
Photo_10

見えやすいように色鉛筆でなぞる
Photo_11
大黒天はもともとインドの神だったんだけど、日本の「オオクニヌシノミコト」の「大国」がダイコクと読めるので同一視している・・・というほんとに宗教観がアバウトなんだよな、、、七福神って。
大黒天は古事記っぽい服装で、靴はサンダルにしたわ。弁財天の服はギャザーとフリルいっぱいに。
もう神様の正しい服装なんて・・・これは誰にもわからないから何でもありで。。
Photo_12

Photo_13
絵の具はアクリル絵の具。

いつもはにじませてふわ~~っと濃淡を出して色が混ざり合わせてたけど、今回は普段やらない塗り方。にじませないでぼかさないで、パッキリと色をつける。
Photo_14
すこ~しずつ
Photo_15
天上にいる雰囲気を出したいので、雲柄を描く。
空きスペースの大きい右下に入れてしまうとせっかくの斜めの流れを止めてしまうから、流れをつなげる配置。見せ方を狙う。絵は計算。
Photo_16
自己流の雲柄
Photo_17
濃淡のないのっぺりとした色のおき方、日本の古来の絵の雰囲気っぽくなるように・・・

Photo_18
輪郭線は筆ペンで。
人の肌と髪などはコピック。
Photo_19
周りの白い部分、。髪のママがなんかいやだったので、順序逆になっちゃったけどジェッソ塗ったら
水張りテープがやぶれた・・・

【完成~~】

Photo_21

公安9課の七福神 
漫画のキャラをUPするのはほとんどないけど、二次創作?描いたのはサイボーグ009以来ね・・・・サイボーグつながりなのは何でかな・・・

Photo_22
彩度と明度上げた

Up

Up_2

ゴールデンウィークには映画も観に行きました。
実写は日本で作られないでよかった!主役のスカーレットさんが美術の本から抜け出たような体で擬体っぽいからもうそれだけでOKよ。
わたしが気に入った映画は人気が出ないからこれはヤバイわね(^_^;)

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村









| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

絵本を作る・イラストレーターの仕事の話

ブログ更新していませんが毎日絵を描いています。
趣味の絵じゃないからなかなか更新は出来ないのですが近況でも書いとこう。

【絵本の作り方とか絵本作家になるにはという本を読んだけど・・・そういう本は役に立つというとこがあんまり無かった。】
絵本は実はあんまり読んでないから有名どころなんてぜんぜん知らなかったから学ぶために本屋で立ち読み・・・・絵本って高いから新品は買わない・・・古本屋でまとめ買いしてみました。
絵本を作るのに役に立つのは、実際の本を見ることで、文字が何処に来るとか(絵と文章が別々のページにある、絵が見開きにびっちりあって文字は絵の色が薄くなってるところに入る・・・など)何を使って描いているとか、そういうのがわかるし
一番役に立つのは、購入者のレビュー。
おしゃれな絵ですが2歳の息子は見向きもしません・・・とか
読み聞かせるのに、絵と文章があってません・・・とか
色が暗くて子供が怖がる・・とか
そういうマイナス評価はすごく役に立つ。

つまり自分が描くならマイナスなトコをなくしちゃえばいいんだ。


絵本の仕事です。
去年舞い込んだ出版社から絵本のイラストを描くというのが、始動が3月くらい・・とのことだったんだけど、急に別の絵本の依頼が入ったの(同会社から)。
それは幼児向きでお話から私が作るって事で、その電話中に私はすでに話がひらめいたから、さっさと絵と文章を入れたラフを週明けにファックス送信したらそれが一発で通ったの。

いくらでもひらめくしいくらでも瞬間でお話が作れるのが特技なの。子供のころからそういうお話作りでノートに何十と描いてたんだもんね。

さて
イラストレーターはモノを知ってないとかけません。
幼児を調べてみる・・・4歳児の平均身長1メートル・・・これくらいがいいかな
で、5頭身じゃなく4頭身ちょいくらいがかわいく見える。
頭でっかちで肩幅が狭くて足が短くて・・・
漫画であるような首が細いなんていうのは無い。
私の絵は漫画じゃないから。

などなど服装から体型から髪型・・・いっぱいいっぱい描いて決めていく。
決まったらキャラクターのイメージがぶれないようにちゃんとデザイン画にしておく。
Photo_2
これは本にしない絵だから公開できるよ。

レイアウトもデザインも絵柄から配色・・・なんでもこっちの自由に描くというのが今までの仕事ではなかったこと。
イラストレーターは決まった大きさ決まったモノを依頼どおりに描くことが仕事だから。
はじめからみんな決めるから自分で描いて描いてどんどんブラッシュアップしていきます。
紙たくさん使います。
Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7
こんなのたくさんたくさん何十といろんなポーズさせていろんな表情させて・・・
一番かわいく見えるように。

絵がモノを語るというのが絵本なんだから。
表情ひとつで意味が変わっちゃう。

ボツにするのだっていっぱい
Photo_8

周りが暗いから文字が入らない・・・髪型も服も変えたいし、もっと幼い無邪気な表情にしたいし・・・

絵をたくさん描いていくのも没にしていくのも楽しい作業。
もっとこうしてよーこういうふうにしてよーと自分が二人いて、一人は何でも描ける先生で、一人は先生にいろいろ望んでいるファン。
先生ならもっとこういうの描いたほうがいいよー、こういうのかいてよー
なんてどんどん望みを高くしていく。

ずっと孤独なのに孤独を感じないのはこのせいかも。

12月から描いてたからもう全部仕上がるところ。
締め切りは来月8日だから余裕だ・・・

色鉛筆も新しいの買いましたよ。
Photo_9
色鉛筆は安いのだって難だって絵がかけない色鉛筆は無い。
けど、どうしても足りてなかったのが「ビビット」な強い色。
トンボや三菱の普通のじゃビビットな色が出ないので、ホルベインアーティスト100本セット。
確かにすごく濃い。柔らかいから、減るのもはやそう。
色鉛筆増えた
Photo_10
フェリシモのと、水彩色鉛筆はぜんぜん使ってないや・・・
従姉妹や知り合いが子供のころ使ってた色鉛筆をたくさんもらってそっちを良く使ってます。服よりバッグよりも色鉛筆のほうが宝物。

これで、素敵なのどんどん描いていくよ。

さあ そろそろベートーベンだな
ベートーベンのこと調べていく。
次の絵本が「月光の曲」というタイトルで、戦前のフィクション・・・なんて検索で出たけど、同じものかどうか知らない。
何しろ、「月光」・・・ピアノソナタ第14章は「幻想曲ソナタ」と呼ばれてて
月光って名前は本人の死後についたんだって。

それにしても何で私にベートーベンの依頼なのかしらね?
月の光に揺れる小船・・・のイメージ?
Photo_11

ベートーベンの顔といったら音楽室にあったあのむっとしたもじゃもじゃ頭のしか知らないから検索したらデスマスクがあって助かった!骨格がわかればいろんな向きからかけますもの。ラフ描いてみる
Photo_12
実際にいた人物の場合は良く調べる。
今までも仕事でピタゴラスだのセントニコラウスだの資料が無いのを描くのは大変だった~。
Photo_13
当時の服装や建物・・・課題は多い。
イラストレーターは物知りになっていく職業です。

お話にはベートーベンの友達も登場するんだけど、調べてもそんな人は見つからないから、フィクションかな、勝手に作っていいなら怒りっぽいベートーベンの逆な感じ・・・冷静?柔らかい?長身、細身、優男、ヘアスタイルもスッキリストレートだな。
Photo_14

まあ、小さい子向きの絵本だからこんな写実的には描かないけどね・・・

よかったらクリックお願いします。
↓↓↓☆↓↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ   
にほんブログ村

作っていくときが楽しい。

絵本得意なんだからもっとチャレンジしていこう。

Photo_16
猫の絵本が描きたいわ・・・
拡大してみて
ふかふかだから・・・(*^_^*)Photo_17









| | コメント (0) | トラックバック (0)